2016年度 SPE日本支部 2月度 運営委員会 議事録


  1. 開催日時 :2016年2月17日(水)11:00-12:00 

2.開催場所 :住友ベークライト㈱ 本社 20F

3.出席者 :出席者 馬場支部長、浅山、田代、及川、荻原(敬称略)

4.議題 :2016年度2月度 運営委員会 


議題

●講演会について

6月講演会は葛良さん、浅山さんの企画中。高機能フィルムをテーマに行う。

日程は6月10日を候補としている。


4月26日(火)に次年度行事委員会を実施する。

8月4日(水) 理事会、総会、講演会を実施する。場所は住友ベークライト様本社を確保済。講演会はアプライアンス他で実施する。テーマ案として以下の議論があった。

3Dプリンターはどうか。フッソ系樹脂(高機能の分類でどうか)

Iot関連は流行だか、SPE関連との係りをどうするか。

デジタルサイネージ関係も面白い。


運営委員会はSPE支部メンバーに広く参加を求める。狙いとしてコミュニケーションを深める。

10:30から開始する、を原則とする。


2016年はSP日本支部 60周年になる。何かイベントがあっても良い。

事前にアイディアを募って4月の運営委員会で協議する。


講演会の依頼についてスケジュールを作成する。

1.日時 :2015年12月18日(金) 11:00-12:00

2.場所:大阪ガス(株) hu+g MUSEUM

3.出席:馬場支部長、泊、川崎、及川、金(敬称略)


■SPE本部対応

・Council Meeting参加の要求に対しては、従来通り、代理参加をお願いすることで対応。

・支部活動の会員向け情報交流のエビデンスについては、支部会員向けE-Mail発信時,本部担当者(Ms. Kathy Schacht

のE-mail アドレス(kschacht@4spe.org)をccで入れることで対応。

Secretaryは,上記内容を部担当者(Ms. Kathy Schacht)にMailで連絡.合わせてSPE日本支部の英語webアドレス(http://spejapan.org/spe/spejpdoc/Englishv.html )を連絡。


■講演会関連

1)今後の講演会

・4月講演会関連:4/26を第一候補日と選定し、担当の小林氏へ連絡(馬場支部長)

         会告資料は、1/20までにプラエージへ提出する必要あり。

・6月講演会関連:担当の浅山氏と葛良氏へ講演会企画を依頼(金)

2)講演会運営要領

1)Secretaryは,講演会準備スケジュール表,講師依頼状他関係書類一式を,講演会(企画委員)が決定した段階で企画委員に送付する.

2)現状の講演会準備スケジュール表では,具体的な手順が不明確なため,講演会手順書を新たに作成する.(担当:Secretary,支部長)


■会費関係

・来年度以降,郵便振替口座を廃止する.会計担当理事は,来年度請求書に郵便振替口座廃止を明記するとともに,振替口座廃止手続きを行う.


9th NANO/SPE coalition seminar
We hold No.9 NANO/SPE coalition seminar by NPO Research Association of Nano Structured Polymer and the SPE Japan Section by the following contents.
It is a purpose that this joint seminar promotes the grasp of the latest trend of the following bisection fields and development by mutual cooperation and technical fusion.
1,The field of materials development which we control the structure at the nanolevel, and plans characteristic improvement
2,The field that plans new functionalisation and productivity improvement by the polymer molding molding
We paid attention to the field of environment, energy infrastructure, information and communication for the Tokyo Olympics Paralympics this time in 2020.
A trend and the contribution in each field took up the topic in conjunction with the prospective polymer technology.
We expect the participation of a researcher related to the field of material design and the field of polymer manufacturing process.
Please do it at a good opportunity to deepen future further development and the interchange of researcher aspect each other.

The date:February 17, 2016(Wed.) 13:00-19:00 
The place:Sumitomo Bakelite Co., Ltd. head office (20th floor meeting room)
(TEL:03-5462-4111)
〒140-0002 
2-5-8, Higashishinagawa, Shinagawa-ku, Tokyo Tennozu park side building
http://www.sumibe.co.jp/company/offices/head_office/index.html 

Presentation:
13:00-17:05 Opening remarks

13:05-14:20 
Title:"NEDO's Activities toward realizing Hydrogen Society"
A technical comprehension development mechanism new energy part (Independent Administrative Institution) industrial new energy
A fuel cell, a hydrogen group chief scientist
Ohira Eiji Mr.

Abstract: Hydrogen is expected as the ultimate clean energy carrier that can transform fossil-fuel dependent economy into a hydrogen economy. In June, 2014, Ministry Economy, Trade and Industry (METI) compiled the "Strategic Road Map for Hydrogen and Fuel Cells" toward the realization of a "hydrogen society." In terms of enhancing of hydrogen utilization, NEDO has been conducting comprehensive technology
development and demonstrative research programs on hydrogen energy. In this paper, current activities and future direction of NEDO's
R&D program is introduced.
BIO: 
Department of Chemistry, Tokyo University of Science, Tokyo, Japan,
BS, 1992 Mar.
New Energy and Industrial Technology Development Organization
1992 Apr - Present

14:20-15:35 
Title:"Digital Signage" (a tentative title)
East Japan Marketing & Communications, Inc. 
Traffic medium headquarters Digital Signage promotion center
Yamamoto ko Mr.

15:35-15:50 - break ...

15:50-17:05 
Title:  "Materials Development Toward High-Efficiency Printable Polymer Solar Cells" 

   Name: Itaru Osaka

   Company Name / University Name: RIKEN, Center for Emergent Matter Science       

   Title: Senior Research Scientist

Abstract:

Polymer solar cells, Organic photovoltaics, Semiconducting polymers, π-Conjugated polymers, Molecular orientation


17:15-19:00 social gathering (an entrance fee: 5,000 yen/)

Participation fee:
NPO Research Association of Nano Structured Polymer member free of charge:
SPE Japan Section member free of charge:
It is 10,000 yen a nonmember
(the substitute attendance of the individual member is not accepted)

An application method:

When a full name, a company, a post, a telephone, an e-mail address, a social gathering roll, a bill are necessary; so to follows pass, and please contact it by an email.

[ NPO Research Association of Nano Structured Polymer member]
Shigeno Joji
joji@fc4.so-net.ne.jp

[SPE Japan Section member]
Ogiwara Manabu 
Nippon Zeon finished article development laboratory Co., Ltd.
Email:M.ogiwara@zeon.co.jp 
TEL:044-276-3729

[nonmember]
Please contact either of the address mentioned above.

9 NANO/SPE 合同講演会

ナノ構造ポリマー研究協会とSPE日本支部による第9NANO/SPE合同講演会を、下記の内容にて開催します。

 本合同講演会は、ナノレベルでの構造を制御して特性の向上を図る材料開発分野と、ポリマー成型加

工による新規機能付与や生産性向上を図る分野において、両分野の最新動向の把握と、相互連携によ

る発展や技術融合を促進するのが目的です。今回は2020年東京オリンピック・パラリンピックに向け

て、環境・エネルギー・インフラ・情報通信分野に注目し、それぞれの分野における動向や、貢献が期

待されるポリマー技術に関連する話題を取り上げて企画しました

材料設計分野、ポリマー加工プロセス分野に関係する研究者が参加され、今後の更なる発展や研究

者相互の交流を深める良い機会になることを期待します。

日時:2016217() 13:0019:00

場所:住友ベークライト株式会社 本社20階会議室 (TEL03-5462-4111

    〒140-0002 東京都品川区東品川二丁目5番8号 天王洲パークサイドビル

    http://www.sumibe.co.jp/company/offices/head_office/index.html

講演:13:0013:05 開会挨拶

       13:05~14:20 「水素社会実現に向けたNEDOの取り組み」

             (国研) 新エネルギー・産業技術総合開発機構 新エネルギー部

             燃料電池・水素グループ 主任研究員 大平 英二 氏

要約:

水素は将来のクリーンな二次エネルギーとして期待されており、2014年6月には、この水素を利活用する水素社会の実現に向けたロードマップが経済産業省

        により策定された。NEDOは水素の利用拡大のため、研究開発や実証事業を総合的に推進している。

         ここでは、NEDOのプログラムについて、これまでの取り組み、今後の方向性について紹介する


略歴:

          1992年3月 東京理科大学 理学部化学科卒

          1992年4月 新エネルギー・産業技術総合開発機構入構

         

    14:2015:35 「2020年に向けたデジタルサイネージのトレンドと可能性」

             ()ジェイアール東日本企画

             交通媒体本部 デジタルサイネージ推進センター 山本 孝

    15:3515:50  ~ 休憩

    15:5017:05 「塗って作れるポリマー太陽電池の材料開発と高効率化

             理化学研究所 創発物性科学研究センター

             創発分子機能研究グループ 尾坂 格 氏

    要旨:塗って作れる太陽電池として知られる有機薄膜太陽電池は、低コスト、低環境負荷、軽量、フレキシブル、シースルーなど、従来のシリコン系太陽電池にはない特長を持つことから、次世代の太陽光発電技術として注目されている。本講演では、有機薄膜太陽電池の高効率化に向けた材料開発について、分野の現状と将来展望ならびに当グループでの取り組みを紹介する。特に、光活性材料である半導体ポリマー(共役系ポリマー)の結晶性や分子配向制御、エネルギー準位の制御とそれらが太陽電池特性に及ぼす影響について議論する。

略歴 :

<学歴>

2002年3月 筑波大学大学院 工学研究科 修了 博士(工学)取得

<職歴>

2002年 4月-2006年 1月 富士フイルム(株)有機合成化学研究所 研究員

2006年 2月-2009年 3月 カーネギーメロン大学 ポスドク研究員

2009年 4月-2013年 3月 広島大学大学院 工学研究科 助教

2010年10月-2014年 3月 JSTさきがけ「太陽光と光電変換領域」 研究員(兼務)

2013年 4月-現在   理化学研究所 創発物性科学研究センター 上級研究員

2014年 9月-現在   筑波大学 数理物質系 客員准教授(兼務)


<専門分野> 有機材料化学、有機半導体、共役系高分子、有機薄膜デバイス


<受賞歴>

2011年 第57回高分子研究会(神戸) ヤングサイエンティスト講演賞

2013年 高分子学会日立化成賞

2013年 第1回理化学研究所 創発物性科学研究センター賞

2013年 第5回理化学研究所 研究奨励賞

2014年 IUMRS-ICA 2014 研究奨励賞


    17:1519:00 懇親会 (参加費:5,000/人)

参加要領:ナノ構造ポリマー研究協会会員:無料、SPE日本支部会員:無料、非会員:10,000

 (個人会員の代理出席は認められません)

申込方法:以下より申し込みできます。

                 http://spejapan.org/blog/spe/2015/06/spe.html

できない場合はメールでお願いします。

氏名、会社、部署、電話、メールアドレス、懇親会出欠、請求書が必要な場合はその旨を下記宛へメールでご連絡下さい。

 

 【SPE日本支部会員】

   荻原 学  日本ゼオン株式会社 加工品開発研究所

                         メール:M.ogiwara@zeon.co.jp TEL044-276-3729

 【非会員】

   上記連絡先のいずれかにご連絡下さい。

Environment, energy and molding workpiece seminor

The market of the field of environment, energy such as a rebirth of the infrastructure and the new energy , is anticipated increase in trade worldwide. Molding forming component required more function and improvement of the reliability. In this seminor,
(1) The practical use of the conduit line rebirth method of construction using the plastic component about the deterioration of sewer line becomes the serious bottleneck.
(2) The relation to a technical trend and molding forming component of the hydrogen energy which attention is sublimed into as a trump of the prevention from global warming,
(3) The change of the solar battery market which spread as renewable energy rapidly and the problem of extension of life above 3 presentation. Environment, energy and a plastics molding member as a keyword, Please view the present conditions and the future from a lecturer of the activity in the front line.
Furthermore We include the visit of the smart house which is ahead of future energy system, a future living in Osaka Gas (stock )hu+g MUSEUM in a program.
We wait for the active participation of all of you.

Date : Friday, December 18, 2015 from 13:30 to 17:45 (as for the receptionist from 13:00)
Place: Osaka Gas Co., Ltd. hu+g MUSEUM South 2-59, Chiyozaki 3, Nishi-ku, Osaka Tel: 06-6586-3789
[access]
* Osaka municipal subway Nagahori-Tsurumiryokuchi Line "dome-mae Chiyozaki" station getting off From ① exit for foot 3minutes
* From Hanshin Namba Line " dome-mae" station getting off ② turn exit for foot 3minutes
* JR the loop line "Taisho" station getting off It is foot seven minutes with a signal of the front to the transition right
https://www.osakagas.co.jp/company/efforts/hugmuseum/access.html

Presentation, tour
13:40-14:40
Title:The development of the conduit line rebirth method"SPR method of construction"
Sekisui Chemical Co., Ltd. Executive officer
Nippon No-Dig Technology LTD. President
Mr. Shigeki Fujii
Deterioration of the sewer line for total extension 460,000km becomes the serious bottleneck. When we cause the outbreak of the bad smell, and the deterioration is damaged, the neighboring earth and sand flow into the sewage pipe and are connected for a road cave-in accident. There is a road cave-in more than 3,500 places a year in the whole country. Much buried object including water pipe and the gas pipe exists under the road. The drainage ditch cannot stop like water service and gas in a passive institution. The method of reproduce like a new pipe, without digging up a road has been strongly demanded. We introduce the development of the conduit line rebirth method "SPR method", practical use in order to meet this needs.

14:40 - 15:30
Tour: "hu+g MUSEUM, smart hug house"
"Bring up the important thing for the living of the person with latest technology and warmth ,"as the theme (Ties, comfortable, health, environment) as a keyword. The introduction of "the slightly future living" We have you really sense a smart house bodily.

15:40 - 16:40
Title: Will the hydrogen energy build a low-carbon society and will open up the bright future?
Osaka Gas Co., Ltd. Technical adviser
International Gas Union ex-Chairman of the committee
Mr. Tatsuo Kume
Abstract: The fuel cell-powered car and the domestic use fuel cell useing hydrogen recently,advances hydrogen pertinent art development. It was marketed the public a fuel cell-powered car this year ahead of the world in Japan. We hear news about the construction of the hydrogen station well. Can hydrogen really become the trump of the prevention from global warming? What kind of technology development will advance in future? What happens to the current oil and natural gas? etc., We introduce the used molding forming components and comment clearly.

16:40 - 17:40
Title:The change of the solar battery market and a problem of extension of life request.
Japan Solar Energy Society Chairman
Graduate school of Engineering Osaka University Guest Prof.
Dr. Yoshihisa Tawada

Abstract:The FIT started with a casualty of the Fukushima Nuclear Power Plant by the East Japan great earthquake disaster in our country. The whole quantity wholesale purchase system (FIT) of the renewable energy passed in original three years. Facilities more than 70GW were authorized mainly on light of the sun. 20GW started generation among commissioned facilities. We reserved an answer of the system connection saying that we got closer to a system acceptance limit in Kyushu, Hokkaido, Okinawa. The light of the sun broke 100 yen/kWh that we aimed for by growth and excessive competition of global demand for many years. We were able to see the achievement of the grid parity that the generating cost was almost the home price of power. The exercise price of the FIT fell from original 40 yen/kWh to 27 yen/kWh in this July. 14 yen/kWh in 2020 and 7 yen/kWh in 2030 was set with an aim. It is found that we postpone the system life when the companies guarantee for the achievement now till 30 years for 25 years from 20 years. We become the big problem while reliability has many problems under the present conditions how we secure the life of 30 years. The achievement is difficult only by the extension of life of the solar battery. The control of maintenance including the periodic inspection becomes very important. We introduce a problem of the extension of life, a part of the action.

5) 18:00 - 19:30 Social gathering (5,000 yen/)

The participation
An entrance fee:
A member (free), the nonmember (10,000 yen)
The substitute attendance of a member are not accepted. We can apply than the following.
http://spejapan.org/blog/spe/2015/06/spe.html
When we cannot do it, we ask by an email.

  • An application method: When a full name, a company, a post, a telephone, an e-mail address, a social gathering roll, a bill are necessary; so to follows pass, and please contact it by an email.

    [SPE Japan Section]   A member charge director
    Ogiwara studies Nippon Zeon ㈱ finished article development laboratory
    210-0863 〒 Kawasaki-ku, Kawasaki-shi, Kanagawa night travel 1-2-1
    Tel. 044-276-3729 Fax. 044-276-3293
    e-mail: M.ogiwara@zeon.co.jp

1.日時 2016年02月17日(金) 11:00-12:00

2.場所:住友ベークライト株式会社 本社20階会議室(TEL 03-5462-4111)

〒140-0002 東京都品川区東品川二丁目5番8号 天王洲パークサイドビル

http://www.sumibe.co.jp/company/offices/head_office/index.html

出席者:理事、監事(敬称略)その他関係者

審議事項


運営委員会議事録

2015年10月23日


1.日時 2015年10月23日(金) 11:30-12:00

2.場所    ぎふ技術革新センター

3.出席 馬場支部長、長岡、金、及川、梅田(敬称略)


●2015年度 講演会日程と準備状況の確認

・2015年12月(環境・エネルギー):開催日(12/18)、講師決定済み。

・2016年2月(NANO/SPE合同セミナー):開催日(2/17)、SPE側の講師は決定済み。

・2016年4月(自動車関連):水素タンク関連講演会提案あり(長岡氏)、

小林氏を行事担当に入れることを考慮(馬場氏)

                            

●Foams2015関連

・Foams2015事務局より、学会開催関連SPE・日本支部へWeb宣伝広告費の支払いの提案あり

→先方からのご提案をそのまま受け入れると決定。


●次回の運営委員会:2/17、11時予定(住友ベークライト・本社)


             SPE日本支部12月講演会
        「環境・エネルギーと成形加工部材」講演会・見学会

 インフラの更生や新エネルギーなどの環境・エネルギー分野は、世界的にも市場の拡大が見込まれ、そこに用いられる成形加工部材にもいっそうの機能や信頼性の向上が要求されています。
今回の講演会では、(1)深刻な問題となっている下水管路の老朽化についてのプラスチック部材を用いた管路更生工法の実用化、(2)地球温暖化防止の切り札として注目度が高まっている水素エネルギーの技術動向と成形加工部材への係わり、(3)再生可能エネルギーとして急速に普及した太陽電池市場の変化と長寿命化への課題に関する3講演で、環境・エネルギーとプラスチック成形加工部材をキーワードとして、第一線でご活躍の講師から現状と将来を展望していただきます。さらに、将来のエネルギーシステムや未来の暮らしを先取りするスマートハウスの見学もプログラムに盛り込んでいます。皆様の積極的なご参加をお待ちしています。さらに大阪ガスhu+g MUSEUMで将来のエネルギーシステム、未来の暮らしを先取りするスマートハウスの見学もプログラムに盛り込んでいます。皆様の積極的なご参加をお待ちしています。

1.日時 2015年12月18日(金) 13:30-17:45 (受付は13:00から)
2.場所 大阪ガス(株) hu+g MUSEUM
    大阪市西区千代崎3-南2-59 Tel06-6586-3789
[アクセス]
・大阪市営地下鉄 長堀鶴見緑地線「ドーム前千代崎」駅 下車
①番出口より徒歩3分
・阪神なんば線「ドーム前」駅 下車 ②番出口より徒歩3分
・JR環状線「大正」駅 下車 正面の信号を渡り右へ徒歩7分
https://www.osakagas.co.jp/company/efforts/hugmuseum/access.html

3.講演・見学内容
13:30-13:40 開会挨拶
13:40-14:40
講演「管路更生工法「SPR工法」の開発」
講師 積水化学工業(株) 執行役員 日本ノーディッグテクノロジー(株) 社長
藤井 重樹 氏
要旨:総延長46万kmに及ぶ下水管路の老朽化が深刻な問題となっている。老朽化は臭気の発生を招くほか破損すると周囲の土砂が下水管に流入し道路陥没事故に繋がる。全国で道路陥没が年間3500箇所以上ある。道路下には水道管やガス管など多くの埋設物が存在する。下水道は受身施設で水道やガスのように停止できない。道路を掘り起こさず新管同様に再生できる方法が強く求められてきた。このニーズに応えるべく管路更生工法「SPR工法」の開発、実用化について紹介する。

14:40-15:30
見学 大阪ガス「hu+g MUSEUM (ハグミュージアム)」
「人の暮らしに大切なものを最新技術とぬくもりで育む」をテーマに、絆・
快適・健康・環境を考える をキーワードとした「ちょっと未来の暮らし」の紹介とスマートハウスを実際に体感していただく。

15:40-16:40
講演「水素エネルギーは低炭素社会を構築し明るい未来を切り開けるか」
講師 大阪ガス(株) ビジネス開発部 技術顧問
前 IGU(世界ガス連盟) ガス利用部会 委員長
久米 辰雄 氏
要旨:最近、水素を利用した燃料電池自動車や家庭用燃料電池等、水素関連技術開発が進み、日本では今年、燃料電池自動車が世界に先駆けて一般市販され、水素ステーションの建設に関するニュースもよく聞く。水素は果たして地球温暖化防止の切り札となりえるのか、今後どのような技術開発が進むのか? 現在の石油や天然ガスはどうなっていくのかなどについて、用いられる成形加工部材なども織り交ぜてわかりやすく解説する。

16:40-17:40
講演「太陽電池市場の変化と求められる長寿命化の課題」
講師   日本太陽エネルギー学会会長
     大阪大学大学院工学研究科カネカ基盤技術協働研究所招へい教授
     太和田善久氏
東日本大震災による福島原子力発電所の大事故を契機に我が国でスタートした再生可能エネルギーの全量買取制度(FIT)は当初の3年を経過し、太陽光を中心に70GWを超える設備が認定された。認定された設備のうち20GWが発電を開始したが、九州、北海道、沖縄では系統受け入れ限度に近づいたとして系統接続の回答を保留する事態となった。太陽光は世界的な需要の伸びと過当競争で、長年我々が目標にしてきた100円/kWhを割り、発電コストも家庭用の電力価格
に近いグリッドパリティーの達成が見えてきた。FITの買取価格は当初の40円/kWhから今年7月には27円/kWhに下がり、2020年には14円/kWh、2030年には7円/kWhが目標と設定された。その達成には各社が現在保証しているシステム寿命を20年から、25年、30年に延ばすことが求められ、現状でも信頼性に問題が多い中で、どのように30年の寿命を確保するかが大きな課題となっている。太陽電池の長寿命化だけでは達成が難しく、定期点検を含む維持管理が非常に重要になってきている。長寿命化の課題、その取組の一部を紹介する。

18:00 -19:30 交流会 (5,000 円/人)

参加要領
参加費:会員(無料)、非会員(10,000円)
個人会員の代理出席は認められません。
以下より申し込みできます。
http://spejapan.org/blog/spe/2015/06/spe.html
できない場合はメールでお願いします。
・申込方法:氏名、会社、部署、電話、メールアドレス、懇親会出欠、請求書が必要な場合はその旨を下記宛へメールでご連絡下さい。
 
【SPE日本支部】 
会員担当理事
荻原 学 日本ゼオン㈱ 加工品開発研究所
〒210-0863 神奈川県川崎市川崎区夜行1-2-1
Tel. 044-276-3729 Fax. 044-276-3293
e-mail:M.ogiwara@zeon.co.jp

Current situation of the carbon fiber CFRP
airplane and car / GIFU innovation center tour meeting

The carbon fiber is light, and strong, and is used various application .
In particular, with the carrier. reduction of greenhouse gas (carbon dioxide) outbreak running for prevention from global warming becomes the important issue.
In this Presentation, We observe the latest molding evaluation facilities including the CFRTP molding press of the GIFU innovation center,
As a carrier, we take away a car and a plane, and an adoption purpose of the CFRP, And give a lecture an adoption trend have latest technology, information .

Sponsorship SPE Japan Section
Date: Friday, October 23, 2015 13:00 - 17:00
Place:〒501-3265 GIFU innovation center, Ose 1288, Seki-shi, Gifu
TEL: 0575-22-0147
http://www.metal.rd.pref.gifu.jp/access.html
Access From Nagoya (Meitetsu bus center) An express bus (high-speed Nagoya Seki, Mino Line, Seki techno highland line) ride, Gifu technique industry center (approximately 70 minutes) getting off,
For foot 15 minutes.
Meitetsu bus center: Departure from 11:20,
arrival at Akatsuchi (Gifu technique industry center) 12:34    
An address: TEL::0575ー22ー0147

13:00-14:00 gathering
The introduction of the center and a visit
Mr.Mamoru Ibeta Gifu Prefecture research and development foundation Foundation)
14:00-15:00: CFRP, a molding outline
Dr.Asami Nakai professor at Gifu University department of engineering
15:00-16:00 The development of CFRP and a car
Mr.Yuji Urayama Toyota Motor Corporation
16:00-17:00 The development of CFRP and a plane
Mr.Nitama Shigeki Kawasaki Heavy Industries Co.,LTD.

17:00 - A social gathering (5,000 yen/person)

The participation
An entrance fee: SPE Japan Section member: Free of charge a nonmember: 10,000 yen
(the substitute attendance of the individual member is not accepted)
Please contact it by an email.
Full name, a company, a post, a telephone, an e-mail address, a social gathering roll,
a bill are necessary; so to follows pass,

[SPE Japan Section]
A member charge director Manabu Ogiwara
〒210-0863 Yakou1-2-1, Kanagawa,Kawasaki-ku, Kawasaki,Kanagawa Pref,.Japan
Tel.: 044-276-3729 Fax. 044-276-3293
Nippon Zeon Co.,Ltd.
mail:M.ogiwara@zeon.co.jp
URL:http://spejapan.org/index.html

a15.jpg