Shortlink

保護中: 20200206 資料

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

Shortlink

20200423  The latest analytical technology required for R&D activities

This lecture will focus on the analysis of materials that are essential in the design, manufacture, and use of molding materials. The first two lectures introduce the features and analysis methods of the latest analyzers. The latter two are technical introductions on the evaluation of material properties. We are planning to give lectures with the latest case studies from the basic to advanced level. We hope that this lecture will help you in your daily R&D work, such as quality design and clarifying the causes of problems.

Sponsorship SPE Japan Section
Date April 23, 2020 (Thursday) 13:00~17:00
Place Sumitomo Bakelite Co., Ltd. 20th floor Tennoz Park Side Building, 5-8 Higashi-Shinagawa 2-chome, Shinagawa-ku, Tokyo 140-0002
TEL: +81-3-5462-4111
http://www.sumibe.co.jp/company/offices/head_office/index.html

13:00~13:05 Introductory remarks Hiroshi Ito, Professor of Yamagata University
13:05~13:55 “Nanoscale Infrared Spectroscopy by Optical Photothermal IR(O-PTIR) Detection Method”
Norio Urayama, Marketing Nihon Thermal Consulting Co.,
Submicron spatial resolutional infrared spectroscopy analysis can be done using optical photo induced resonance detection technique.
13:55~14:05 Rest
14:05~14:55 “Chemiluminescence Analysis for the Detection of Polymer Oxidation”
Tetsu Sato, Tokyo Office Manager Tohoku Electronic Industrial Co.,Ltd
Chemiluminescence (CL) analysis is an invaluable tool for detecting the very early stages of polymer oxidation.
14:55~15:05 Rest
15:05~15:55 “New cure shrinkage measurement method and physical property evaluation cases in the reaction process”
Ryohei SEO, Chiba Laboratory, Sumika Chemical Analysis Service,Ltd.
Cured resin, Curing reaction, Curing shrinkage, Product defects, Evaluation of the physical properties
15:55~16:05 Rest
16:05~16:55 “Evaluation Method for Odor Components of Resin Products: Introduction
to Sensory Analysis and Data Analysis of Odor Component”
Kiyohito Takahashi, Chiba Laboratory Sumika Chemical Analysis Service,Ltd.
VOC analysis, odor, automotive interior materials, industrial products, non-metal materials, sensory analysis, sniffing GC-MS
16:55~17:00 In Conclusion
17:15~19:15 social gathering (5,000 yen/person)

[ Participation]
Participation fee SPE Japan Section Member (Free) and Non-Member (15,000 yen)
Substitute attendance by individual member is not permitted.
A social gathering fee: 5,000 yen
You can apply from the following URL.
http://spejapan.org/blog/spe/2015/06/spe.html

If you cannot access it, please send it by email.
Name, company name, department, telephone, e-mail address, participation in social gathering.
If an invoice is required, please contact the following address .
Takuji Kishimoto in charge of planning in the SPE Japan Section
ZEON CORPORATION
Yako 1-2-1, Kawasaki-ku, Kawasaki-shi, Kanagawa 210-9507 JAPAN
e-mail kishimoto@spejapan.org

Shortlink

20200423 「注目される最新の分析技術について」

本講演では成形材料の設計・製造においてキーテクロノジーとなる材料の分析に焦点を当て,最新の装置の紹介及び解析手法についての講演会を開催します。講演内容は基礎から最新トピックスの事例も交えながら御講演頂く予定です。ご参加の皆さまが本講演で分析への理解を深め、日々の研究開発の推進につなげることを願っております。多くの方のご参加をお待ちしております。

【概要】
主催:SPE日本支部
日時:2020年4月23日(木) 13:00~17:00
場所:住友ベークライト株式会社 本社20階 会議室
   東京都品川区東品川二丁目5番地8号 天王洲パークサイドビル
   http://www.sumibe.co.jp/company/offices/head_office/index.html

【講演内容】

13:00~13:05 開会あいさつ SPE日本支部部長 山形大学 教授 伊藤浩志
13:05~13:55 「光熱誘起共鳴(O-PTIR)検出法による
               ナノスケール赤外分光分析法」
株式会社日本サーマル・コンサルティング マーケティング部 浦山憲雄 氏
サブミクロン空間分解能赤外分光分析を可能にする光熱誘起共鳴検出法の原理と応用を紹介する。応用としてはポリマーブレンド、多層膜、異物、医薬品、バイオ試料等に適応し、それらの実測手例を述べる。
13:55~14:05 休 憩
14:05~14:55 「ケミルミネッセンス法を利用した酸化劣化測定について」
東北電子産業株式会社 東京支店 支店長 佐藤 哲 氏
有機物が酸化劣化する際に発する微弱な光を検出することにより、極初期の酸化劣化を測定するケミルミネッセンス法のご紹介です。
本手法は2018年にJIS化され、特に高分子材料の酸化劣化検出、最適な成形条件の検討、原材料管理など幅広く利用されています。原理から応用例まで幅広くご紹介します。

14:55~15:05 休 憩
15:05~15:55 「新しい硬化収縮率測定法と反応過程における物性評価事例の紹介」
株式会社住化分析センター 千葉ラボラトリー 瀬尾亮平 氏
硬化樹脂は封止材、塗料、接着剤など様々な分野で使用されているが、硬化反応に伴う体積収縮により、硬化条件や使用環境次第では、剥離、接着不良等の製品不具合の原因となる。今回、硬化過程における連続した体積変化率を計測する新たな測定方法が開発されたので紹介する。
15:55~16:05 休 憩
16:05~16:55 「樹脂製品のにおい成分評価方法
            ~官能試験とにおい成分解析の事例紹介~」
株式会社住化分析センター 千葉ラボラトリー 高橋聖人 氏
これまで自動車部材からの放散試験はVOC評価が中心であったが、近年はにおい成分への関心が高まっている。欧州や中国への輸出品についても製品・原料共ににおい分析のニーズが増加している。今回、におい成分の放散メカニズムと解析手法、官能試験について事例を紹介する。
16:55~17:00 おわりに
17:15~19:15 懇親会 (5,000円/人)
【参加要領】
講演会参加費 SPE日本支部会員(無料),非会員(15,000円)
個人会員の代理出席は認められません.懇親会には別途5,000円お支払いください.
以下より申し込みできます.
http://spejapan.org/blog/spe/2015/06/spe.html
アクセスできない場合はメールでお願いします.
お名前,会社名,部署,電話,メールアドレス,懇親会参加有無
請求書が必要な場合は,その旨を下記宛へご連絡ください.
SPE 日本支部 企画担当 岸本 琢治
日本ゼオン株式会社 加工品開発研究所
〒210-9507 神奈川県川崎市川崎区夜光1-2-1
e-mail:kishimoto@spejapan.org

Shortlink

保護中: 20191204資料

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

Shortlink

保護中: 20191009 資料

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

Shortlink

20191204 Learning something new around the development of future cars

20191204  Learning something new around the development of future cars

Cars are consisted of a lot of parts and materials. Its combination and assembling are not permanently fixed. Plastics professionals should expand the research field to deal with new functions, materials or processing methods.

This workshop offers you to learn new trends related to future cars. Car interior, for example, is changing to improve the air quality inside cars and to reduce the shredder dust. Environmental issue is not limited in plastics waste in ocean, but also quality of life. Traditional exterior design is not promised in future, so that new concept of exterior materials is required. New parts related to EV request new function for plastics.

Thus, many engineers involved in development, design and production of automotive are encourages to join this opportunity.  

We look forward to your participation.

Sponsorship SPE Japan Section

Date: Wednesday, December 4, 2019, 13:00 – 17:10

Place: Sumitomo Bakelite Co., Ltd. 20th floor. Tennoz Parkside Building

5-8 Higashi-Shinagawa 2-chome, Shinagawa-ku, Tokyo 140-0002

TEL: +81-3-5462-4111

http://www.sumibe.co.jp/company/offices/head_office/index.html

13:00-13:05  Introductory remarks

13:05-14:00 “Air quality inside cars and trend of interiors”, Honda R&D Co., Ltd. Mr. Hitoshi Ogane

14:05-15:00  “Trend in North America –Recent topics in TPO conference-”, Prime Polymer Co. Ltd., Dr. Yutaka Kobayashi, Advanced Composites Inc., Jason Fincher

15:00-15:15     ~Coffee Break~

15:15-16:10  “(Tentative) Developments in automotive applications of polyamide”, Asahi Kasei Corp., Leona division, Mr. Koichi Hasebe

16:15-17:10 New composite materials controlling heat flow, Hitachi Chemical Co., Ltd., Mr.Yoshitaka Takezawa

17:30 – A social gathering (5,000 yen/person) 

The participation

An entrance fee: a SPE Japan Section member: Free of charge 

A nonmember: 15,000 yen

 (The substitute attendance of the individual member is not accepted)

A social gathering fee: 5,000 yen

(Anyone attending the workshop and the social gathering should pay 20,000 yen.)

Please contact it by an email.

 Full name, a company, a post, a telephone, an e-mail address, a social gathering roll, 

 a bill are necessary; so to follows pass, 

[SPE Japan Section]

Yutaka Kobayashi

Prime Polymer Co., Ltd.

580-30 Nagaura, Sodegaura, Chiba, 299-0265, Japan

+81-438-64-2300 Ext 4265

Yutaka2.Kobayashi@primepolymer.co.jp

URL:http://spejapan.org/index.html

Shortlink

20191204 SPE日本支部 講演会 「自動車の開発に関する知識を深める」

20191204   SPE日本支部 講演会 「自動車の開発に関する知識を深める」

自動車は多くの技術の集合体です。プラスチックも様々な形で使われていることは良く知られていることです。我々には将来を見通したプラスチックの開発が求められていますが、現時点でその状況を落ち着いて俯瞰する機会を持ちたいと思います。従来の内外装、エンジン周辺の開発だけでなく、EVで重要となるインバータやECU、モータなどの視点を含めて、自動車の今を講演していただきます。

材料開発、プラスチック成形加工、製品開発の分野に関係する技術者が参加され、相互の交流を深める良い機会になることを期待します。

日時 2019年12月 4日(水) 13:00-17:00

場所:住友ベークライト株式会社 本社20階会議室 (TEL:03-5462-4111)

 〒140-0002 東京都品川区東品川二丁目5番8号 天王洲パークサイドビル

http://www.sumibe.co.jp/company/offices/head_office/index.html

13:00~13:05  開会挨拶   山形大学 教授 伊藤浩志

13:05~14:00 「乗用車の室内空気質について」

(株)本田技術研究所 材料開発室 第二ブロック 主任研究員 大金仁

14:00~14:55 「北米の開発動向 TPO Conferenceの最近の話題」 

(株)プライムポリマー 自動車材研究所 所長付 小林豊、 Advanced Composites Inc. R&D manager Jason Fincher

14:55~15:10 休憩

15:10~16:05 「(仮) ポリアミド材の自動車用途への開発事例」

旭化成(株) ポリマー技術開発総部 レオナ樹脂技術開発部 部長 長谷部公一

16:05~17:00 「熱を制御する新しいコンポジット材料」

日立化成(株) イノベーション推進本部 先端技術研究開発センタ 主管研究長 竹澤由高

17:00~17:05  おわりに

17:20~19:20 懇親会 (別途参加費:5,000円/人)

参加要領

・参加費:SPE日本支部会員:無料、非会員:15,000円

 (個人会員の代理出席は認められません)

  懇親会には別途5,000円お支払いください

以下より申し込みできます。

http://spejapan.org/blog/spe/2015/06/spe.html

アクセスできない場合はメールでお願いします。

・申込方法:氏名、会社、部署、電話、メールアドレス、懇親会出欠、請求書が必要な場合はその旨を下記宛へメールでご連絡下さい。 

SPE日本支部

 小林 豊 (株)プライムポリマー 自動車材研究所

 〒299-0265 千葉県袖ケ浦市長浦580-30

 Tel : 0438-63-2456  Fax : 0438-64-2451

 e-mail : Yutaka2.Kobayashi@primepolymer.co.jp

Shortlink

20191009 2019年第2回理事会議事録

2019年10月度 SPE日本支部 議事録            作成 溝元

2019年10月9日

1.日時 2019年10月9日(水) 10:30-12:10

2.場所 (地独) 京都市産業技術研究所

3.出欠 出席:伊藤、川崎、泊、荻原、及川、田代、馬場、金、小林、辻脇、梅田、溝元(12名)

欠席:小滝、葛良、西辻、長岡(4名)  

特別参加:岸本 ※敬称略

4.議題

(1)2018年度 SPE日本支部 活動計画

①2019年10月度講演会:環境エネルギー(泊、川崎、馬場)

  • 講演:4件

 ・「漆の現状と分散技術を用いた漆の改質について」(地独)京都市産業技術研究所 橘 洋一 氏

 ・「高速スパッタリング装置による樹脂への高密着金属成膜技術」島津製作所 大岸厚文 氏

 ・「プラスチックの高速引張試験方法の標準化」島津製作所 宮崎 然 氏

 ・「次世代に向けて発展する高分子系熱制御材料の現状と今後」(地独)大阪産技研 上利泰幸氏

②2019年12月度講演会:自動車関連(小林、長岡)

  • 日時:2019年12月4日(水)
  • 講演:4件

 ・「乗用車の室内空気質について」(株)本田技術研究所 大金仁

・「北米の開発動向TPC Conferenceの最近の話題」

(株)プライムポリマー小林豊、Advanced Composites Inc. Jason Findner

・「(仮)ポリアミド材の自動車用への開発事例」旭化成(株) 長谷部公一

・「熱を制御する新しいコンポジット材料」日立化成(株)竹澤由高氏

③2020年2月度講演会:SPE/NANO合同検討会(田代、辻脇、金)

  • 日時:2020年2月6日(木)

④2020年4月度講演会:アプライアンス(葛良、荻原→岸本)

  • 日時:2020年4月 予定

⑤2019年度講演会・イベント企画

開催月 テーマ 担当者 日時 場所
8月 ANTEC紹介、企業トピック紹介 梅田、西辻、小林 8/1 住友ベークライト
10月 環境エネルギー関連材料 泊、川崎、馬場 10/9 関西(京都)
12月 自動車関連材料 小林(+後任者)、長岡 12/4 住友ベークライト
2月 SPE/NANO合同講演会 金、辻脇、田代 2/6 住友ベークライト
4月 アプライアンス 葛良、荻原→岸本 未定 住友ベークライト
6月 機能性材料 溝元、伊藤 未定 住友ベークライト

(2)その他:連絡事項

  • 会員担当理事業務について

・案内:既存講演会参加者等の500人へのメール発信については当面中止する。

今後、新たな広告を開拓していく。

    正会員への案内は、SPEメールアドレスにて、会員担当理事が発信する。

・窓口:講演会等(イベント)に関する参加者対応については各企画担当が実施する。

・名簿管理(Excel):会員担当理事が実施する。

具体的な会員担当理事の業務内容について

 ・①Excelで会員名簿を管理する。

 ・②正会員および法人会員に対するイベント(講演会、総会)案内/情報を発信する。

   支部よりPCを支給し、SPE日本支部のメールアドレスから発信する。

・③会員へのID/PW情報を発信する。

・④「総会/理事会の出欠確認、委任状受領」や「正会員の加入退会」等を対応する。

 ・⑤会員担当業務の一部を「企画担当業務」に移管し、講演会・イベントの参加者に対する窓口、

問い合せ対応等は各企画担当が実施する。

5.今後の予定

 ・運営委員会:2019年12月4日(水)10:30~

以上

Shortlink

20191009 2019年度第2回理事会

2019年度第2回理事会を下記の如く開催いたします。

日時:2019年10月9日 10:30-

場所:(地独) 京都市産業技術研究所(京都市下京区 京都リサーチパーク)http://tc-kyoto.or.jp/access/ 

(JR嵯峨野線 丹波口駅 西へ徒歩約8分)

ここより出欠を連絡ください。

Shortlink

20191009 2019年度第2回理事会

2019年度 第2回理事会、
理事会出席理事会欠席

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

議長に白紙委任いたします。
理事会白紙委任