2019年12月アーカイブ

20200206 The 13th NANO/SPE joint seminar

| トラックバック(0)

The 13th NANO/SPE joint seminar


We hold the 13th NANO/SPE joint lecture meeting by Nanostructured Polymer Research Association and SPE Japan Section with the following contents. The joint lecture consists of materials development fields to control the structure at the nano level and to improve the characteristics and grasp the latest trends in both fields in the field of aiming at new functions and productivity improvement by polymer molding processing. The aim is to promote mutual collaboration and technological integration. We focused on bioplastic from the chemical industry and polymer that contributed to the future vision that was very popular at last year's joint lecture. In this issue, we planned topics related to recent technological development trends and ISO status in industry and academia. Researchers related to the material design field and polymer fabrication process field will participate and I hope that it will be a good opportunity to deepen further mutual exchange and exchange with researchers in the future.


Date : February 6, 2020 (Thursday) 12: 50 ~ 19: 00

Place : Sumitomo Bakelite Co., Ltd. Headquarters 20 th Floor  Conference Room 3

  (TEL03-5462-4111)〒140-0002

   5 Shinagawa-ku Higashi Shinagawa 2 - chome 5 Tokyo No. 8 Tennozu Park Side Building

  http://www.sumibe.co.jp/company/offices/index.html

Content : 

12:5013:00 Greeting  Phd. Toshio Nishi  

            (President of Research Association of Nano Structured Polymer)

13:0014:00 「Future Perspective of Introduction of Bioplastics in Japan

        Japan Bio Plastics AssociationJBPA Phd. Masatoshi Yoshida

Since the target was set to introduce 1.97 million tons of bioplastics by 2030, various strategies and plans have been formulated one after another, such as "Roadmap for Popularizing Development and Introduction of Marine Biodegradable Plastics" (May 2019), "Plastic Resources Recycling Strategy" (May 2019), "Action Plan against Marine Plastic Waste" (May 2019), and "Bio Strategy 2019" (June 2019). At the moment, full-fledged efforts are currently being made, such as a scheduled formulation of "Roadmap for Introducing Bioplastics." On this occasion, the present situation of the development of practical methods are introduced, and the prospect and challenges toward the future popularization of marine biodegradable plastics are outlined.


14:0015:00Development of marine biodegradable plastics :

 current status and future perspective

       GUNMA UNIVERSITY  Prof. Kenich Kasuya

Biodegradable plastics attract attention as a solution for environmental issues caused by plastic wastes. Meanwhile, biodegradable plastics have some drawbacks that should be improved. I will talk about current status and future perspective on biodegradable plastics.


15:1016:10  「Non-phosgene polycarbonate production process using by-product CO2 as starting

                material

Asahi Kasei Corporation Phd. Masahiro Tojo

Asahi Kasei Corp. (Japan) successfully developed a new green process for polycarbonate (PC) from CO2 for the first time in the world and commercialized it at Taiwan in 2002 (50 kt/y). The conventional PC process uses phosgene and a very large amount of CH2Cl2 and water as solvents. Phosgene is notoriously toxic and corrosive, while CH2Cl2 is a mutagenic agent. It also needs costly waste water treatment. Asahi Kasei's process is not only green, but also produces PC of higher quality at lower costs than other processes. PC Production capacity of licensees reached 790 kt/y in 2018 (3rd share in the world).

16:1017:10  「Biodegradable Plastics to Solve the Ocean Contamination by Plastics

 - The age for practical use of poly(lactic acid) (PLA) will be coming soon -

The Society of Polymer Science, Japan Fellow Phd. Masatsugu Mochizuki

Recent years, biodegradable plastics have been focused upon attention to solve the ocean contamination by plastics. Especially, poly (lactic acid) (PLA) has been highlighted as a bio-based biodegradable plastic with a low carbon footprint for the next generation. PLA is biodegradable when exposed in natural environments such as in soil or in sea water, and is compostable under very specific conditions of high temperature and high humidity, typified by the conditions for composting. In this lecture, the primary properties, biodegradation mechanism, technical developments for high performance, applications and business updates of PLA will be reviewed.


17:1017:20  Greeting  Phd. Hiroshi Itho   (President of SPE Japan section)

17:3019:00 Social party  (\5,000/person participation fee)


Participation Fee : 

  Member of Research Associations Nano Structured Polymer : no charge

  Member of SPE Japan Section : no charge

  Not a member : \10,000/person  (Individual members' Substitute attendance is not allowed)

Application method : name, company,Department,Tel, Mail, Social party participation,

 invoice if need,.


Please contact by the following mail :

Member of Research Associations Nano Structured Polymer

  Joji Shigeno     joji@fc4.so-net.ne.jp 

Member of SPE Japan Section

Nobuyuki Tsujiwaki of SEKISUI PLASTICS CO.,Ltd.    Tel:03-3347-9752

mail:tsujiwaki@spejapan.org

Not a member

 Please contact one of the above contacts.

第13回 NANO/SPE 合同講演会
ナノ構造ポリマー研究協会とSPE日本支部による第13回NANO/SPE合同講演会を、
下記の内容にて開催します。
 本合同講演会は、ナノレベルでの構造を制御して特性の向上を図る材料開発分野と、
ポリマー成型加工による新規機能付与や生産性向上を図る分野において、両分野の最新動向の把握と、相互連携による発展や技術融合を促進するのが目的です。
今回は、昨年の合同講演会にて大変好評であった将来ビジョンに貢献する化学産業・ポリマーから、特にバイオプラスチックに着目し、最近の産学における技術開発動向やISO化状況に関するトピックスを企画しました。
材料設計分野、ポリマー加工プロセス分野に関係する研究者が参加され、今後の更なる発展や研究者相互の交流を深める良い機会になることを期待します。
・日時:令和2年2月6日(木) 12:50~19:00
・場所:住友ベークライト株式会社 本社20階第3会議室 (TEL:03-5462-4111)
    〒140-0002 東京都品川区東品川二丁目5番8号 天王洲パークサイドビル
    http://www.sumibe.co.jp/company/offices/index.html
・内容:
12:50~13:00 開会挨拶 西敏夫 ナノ構造ポリマー研究協会代表理事
13:00~14:00 「バイオプラスチックの実用化に向けた取り組みの現状と展望」
        日本バイオプラ協会(JBPA)吉田 正俊 氏
概要:2030年度までに197万tのバイオマスプラスチックを導入する目標が掲げられて以降、「海洋生分解性プラスチック開発・導入普及 ロードマップ」(2019年5月)、「プラスチック資源循環戦略」(同5月)、「海洋プラスチックごみ対策アクションプラン」(同5月)、「バイオ戦略2019」(同6月)等の戦略・計画が続々と策定された。今後は「バイオプラスチック導入ロードマップ」の策定が予定される等、本格的な取組が進みつつある。実用化に向けた取組の現状を紹介し、今後の普及に向けた展望と課題を概説する。
14:00~15:00 「海洋生分解性プラスチック開発の現状と将来像」
        群馬大学 粕谷 健一 氏
概要:生分解性プラスチックは,プラスチックの海洋環境への拡散問題の解決策の一つとして注目を集めています。一方で,生分解性プラスチックの利用には,いくつかのブレイクスルーが必要です。本講演では,現状の生分解性プラスチックの問題点について紹介し,あるべき生分解性プラスチックの将来像について解説します。
15:00~15:10  ~ 休憩 ~
15:10~16:10  「CO2を原料とする非ホスゲン法ポリカーボネート」
旭化成株式会社 東條 正弘 氏
概要:旭化成は世界で初めてCO2を原料とするポリカーボネート(PC)製造法の開発に成功し、2002年より台湾で商業運転を開始した(5万トン/年)。従来PCはホスゲンおよび大量の塩化メチレンを用いて製造されてきた。ホスゲンは毒性・腐食性であり、塩化メチレンは変異原性ゆえ廃水処理が必須である。本法はグリーンであると同時に他プロセスと比較して高純度・低コストでPCを製造できる。2018年には本技術ライセンシーのPC製造能力が79万トンに達した(世界第3位)。
16:10~17:10  「海洋プラスチック汚染問題と生分解性プラスチック
-ポリ乳酸の本格的実用化の到来-」
高分子学会フェロー 望月 政嗣 氏
概要:近年、海洋プラスチック汚染問題を解決する上で生分解性プラスチックが注目されている。特に、ポリ乳酸(PLA)はバイオベースの次世代低環境負負荷生分解性プラスチックとして脚光を浴びて
いる。PLAは土中や海水中などの自然環境下や堆肥化過程のような高温高湿下で完全に生分解する。本講ではPLAの基本特性、生分解機構、高性能化技術、応用展開や最新事業化動向などについて述べる。
17:10~17:20 閉会挨拶 伊藤浩志  SPE日本支部支部長

17:30~19:00 懇親会 (参加費:5,000円/人)
・参加費:ナノ構造ポリマー研究協会会員:無料、SPE日本支部会員:無料、非会員:15,000円
 (個人会員の代理出席は認められません)
・申込方法:氏名、会社、部署、電話、メールアドレス、懇親会出欠、請求書が必要な場合はその旨を
 下記宛へメールでご連絡下さい。
 【ナノ構造ポリマー研究協会会員】
   重野 譲二           
    メール:joji@fc4.so-net.ne.jp
 【SPE日本支部企画会員】
   辻脇 伸幸
   メール:tsujiwaki@spejapan.org
積水化成品工業株式会社 環境・品質統括センター
東京都新宿区西新宿2-7-1(小田急第一生命ビル23階)
   TEL:03-3347-9752
 【非会員】
   上記連絡先のいずれかにご連絡下さい。

このアーカイブについて

このページには、2019年12月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2019年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。