20190419 SPE日本支部 講演会 「自動車に使われる素形材における樹脂の位置づけ」

| トラックバック(0)

20190419 SPE日本支部 講演会 「自動車に使われる素形材における樹脂の位置づけ」


自動車分野では、100年に一度といわれる大変革が進んでいます。使われる材料につい

て、マルチマテリアル、軽量、成形加工性、意匠性などのキーワードが話題となっていま

す。こうした中で、伝統的な金属系、無機系、高分子系材料という棲み分けに安住するこ

とはできず、我々プラスチックス技術者も大変革に対応していかなければなりません。

今回の講演会では、自動車に使われる素形材としての樹脂の立ち位置を見直したいと考

えています。4件の話題には直接の関連はありませんが、全体を通して聴講されると、樹脂

の進むべき方向が見えてくると思います。

材料開発、プラスチック成形加工、製品開発の分野に関係する技術者が参加され、相互

の交流を深める良い機会になることを期待します。


主催:SPE日本支部

日時:2019年4月19日(金) 13:00~17:10

場所::住友ベークライト㈱ 本社20階会議室 (TEL:03-5462-4111)

   〒140-0002 東京都品川区東品川二丁目5番8号 天王洲パークサイドビル

   http://www.sumibe.co.jp/company/offices/head_office/index.html

13:00-13:05     挨拶

13:05-14:00 (質疑応答5分含む)

「熱可塑複合材料を用いた衝撃吸収体の研究紹介」 

     本田技術研究所 四輪R&Dセンター 彌武 朋也

14:05-15:00 (質疑応答5分含む)

「異種繊維混合による繊維複合材の耐衝撃性向上技術紹介」

     トヨタ紡織 内外装先行開発部 戦略企画室 前川元貴

15:00-15:15 休憩

15:15-16:10 (質疑応答5分含む)

「次世代モビリティ実現のためのプラスチックスソリューション」

     SABIC 自動車マーケティング部 部長 齋藤 裕人

16:15-17:10 (質疑応答5分含む)

「(仮)エンプラの最新動向」

     BASFジャパン パフォーマンスマテリアルズ事業部長 山本勇

17:30~19:30懇親会(¥5,000/人)



参加要領

講演会参加費:SPE日本支部会員:無料,非会員:15,000円

懇親会参加費:5000円

(個人会員の代理出席は認められません)

ホームページより、申し込みください。アクセスできない場合はメールでお願いします。

http://spejapan.org/blog/spe/2015/06/spe.html

・申込方法:氏名,会社,部署,電話,メールアドレス,懇親会出欠,

 請求書が必要な場合はその旨を下記宛へメールでご連絡下さい。

【SPE日本支部】

荻原 学  日本ゼオン㈱ 加工品開発研究所

〒210-0863 神奈川県川崎市川崎区夜行1-2-1

Tel:044-276-3729  Fax:044-276-3293

e-mail:M.ogiwara@zeon.co.jp

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://spejapan.org/mtos2/mt-tb.cgi/107

このブログ記事について

このページは、spejapanmttが2018年12月19日 10:49に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「20181129 Roles and possibilities of cellulose and biomass materials in the environment and energy fields」です。

次のブログ記事は「20190419 Perspective of plastics among materials fabricated in passenger cars」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。