2018年12月アーカイブ

20190419  Perspective of plastics among materials fabricated in passenger cars


Metal is the main raw material of automotive, although plastics have been expanded its application. The used ratio of metals, ceramics and plastics in a car is recently fixed because of matured characteristics of materials. However, the trend of electric vehicles is rapidly changing the situation of material competition.  

Expectation of light weight cars may induce new idea on products. In this workshop, we will know new attempt of plastics applications in next generation cars. Thus, many engineers involved in development, design and production of automotive are encourages to join this opportunity.  

We look forward to your participation.


Sponsorship SPE Japan Section


Date: Friday, April 19, 2019 13:00 - 17:10

Place: Sumitomo Bakelite Co., Ltd. 20th floor. Tennoz Parkside Building

5-8 Higashi-Shinagawa 2-chome, Shinagawa-ku, Tokyo 140-0002

TEL: +81-3-5462-4111

http://www.sumibe.co.jp/company/offices/head_office/index.html


13:00-13:05  Introductory remarks

13:05-14:00 Development situation of the shock absorbers using thermos-plastic composites, Honda R&D Co., Ltd. Mr. Tomoya Yabu

14:05-15:00  Introduction of the technology improving toughness of fiber-reinforced composites with hybrid fibers, Toyota Boshoku Co., Mr. Motoki Maekawa

15:00-15:15     ~Coffee Break~

15:15-16:10  Plastics solutions to enable next-generation mobility, SABIC, Mr. Yuto Saitoh

16:15-17:10 (Tentative title) Recent trends of engineering plastics in the automotive sector, BASF Japan Ltd., Mr. Isamu Yamamoto


17:30 - A social gathering (5,000 yen/person) 


The participation

An entrance fee: SPE Japan Section member: Free of charge 

A nonmember: 15,000 yen


 (The substitute attendance of the individual member is not accepted)

A social gathering fee: 5,000 yen


Please contact it by an email.

 Full name, a company, a post, a telephone, an e-mail address, a social gathering roll, 

 a bill are necessary; so to follows pass, 


[SPE Japan Section]

 A member charge director Manabu Ogiwara

210-0863 Yakou1-2-1, Kanagawa,Kawasaki-ku, Kawasaki,Kanagawa Pref,.Japan

 Tel.: 044-276-3729 Fax. 044-276-3293

 Nippon Zeon Co.,Ltd.

 mail:M.ogiwara@zeon.co.jp

URL:http://spejapan.org/index.html

20190419 SPE日本支部 講演会 「自動車に使われる素形材における樹脂の位置づけ」


自動車分野では、100年に一度といわれる大変革が進んでいます。使われる材料につい

て、マルチマテリアル、軽量、成形加工性、意匠性などのキーワードが話題となっていま

す。こうした中で、伝統的な金属系、無機系、高分子系材料という棲み分けに安住するこ

とはできず、我々プラスチックス技術者も大変革に対応していかなければなりません。

今回の講演会では、自動車に使われる素形材としての樹脂の立ち位置を見直したいと考

えています。4件の話題には直接の関連はありませんが、全体を通して聴講されると、樹脂

の進むべき方向が見えてくると思います。

材料開発、プラスチック成形加工、製品開発の分野に関係する技術者が参加され、相互

の交流を深める良い機会になることを期待します。


主催:SPE日本支部

日時:2019年4月19日(金) 13:00~17:10

場所::住友ベークライト㈱ 本社20階会議室 (TEL:03-5462-4111)

   〒140-0002 東京都品川区東品川二丁目5番8号 天王洲パークサイドビル

   http://www.sumibe.co.jp/company/offices/head_office/index.html

13:00-13:05     挨拶

13:05-14:00 (質疑応答5分含む)

「熱可塑複合材料を用いた衝撃吸収体の研究紹介」 

     本田技術研究所 四輪R&Dセンター 彌武 朋也

14:05-15:00 (質疑応答5分含む)

「異種繊維混合による繊維複合材の耐衝撃性向上技術紹介」

     トヨタ紡織 内外装先行開発部 戦略企画室 前川元貴

15:00-15:15 休憩

15:15-16:10 (質疑応答5分含む)

「次世代モビリティ実現のためのプラスチックスソリューション」

     SABIC 自動車マーケティング部 部長 齋藤 裕人

16:15-17:10 (質疑応答5分含む)

「(仮)エンプラの最新動向」

     BASFジャパン パフォーマンスマテリアルズ事業部長 山本勇

17:30~19:30懇親会(¥5,000/人)



参加要領

講演会参加費:SPE日本支部会員:無料,非会員:15,000円

懇親会参加費:5000円

(個人会員の代理出席は認められません)

ホームページより、申し込みください。アクセスできない場合はメールでお願いします。

http://spejapan.org/blog/spe/2015/06/spe.html

・申込方法:氏名,会社,部署,電話,メールアドレス,懇親会出欠,

 請求書が必要な場合はその旨を下記宛へメールでご連絡下さい。

【SPE日本支部】

荻原 学  日本ゼオン㈱ 加工品開発研究所

〒210-0863 神奈川県川崎市川崎区夜行1-2-1

Tel:044-276-3729  Fax:044-276-3293

e-mail:M.ogiwara@zeon.co.jp

このアーカイブについて

このページには、2018年12月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2018年9月です。

次のアーカイブは2019年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。