2017年11月アーカイブ

DEVELOPMENT OF COMPOSITE MATERIALS IN THE ENERGY AND THE ENVIROMENT FIELD


Composite materials are expanding application for automobile, electric and electronics, machinery, and construction. In this seminar, lectures for market trend, new materials, molding and forming process, and application of composite materials will be presented.


Sponsorship: SPE Japan Section

Date: December 6, 2017 13:10 - 17:10 

PLACEOSAKA GAS Dome-City Gas Building

   http://www.ogis-ri.co.jp/map/mapdc.html


13:10 - 13:15 Introductory remarks

13:15 - 14:10 "Application and technology trend of CFRP / CFRTP" 

CFRP, CFRTP, Infrastructure, Industry, Consumerism, Leisure, Aerospace

Hideki Eguchi

Manager

Kawasaki Techno Research INC.

14:10 - 15:05 "Development of composite materials in the electronics and electric industry"

CFRP has been widely utilized for aerospace, automotive and even electric appliances as an attractive alternative material to iron and aluminum. This presentation will show some current applications of CFRP and its future prospects.

                  Sohei Samejima

Group manager, Composite Material Group

             Material & Processing Technology Department

Advanced Technology R&D Center

Mitsubishi Electric Corporation

15:05 - 15:20 Coffee Break

15:20 - 16:15 "Advance and potential of composite materials processing and molding"

Recently composite materials have been more widely used for industrial applications in a variety of industries. Particularly, there are many molding methods of FRP depending on the kind of materials, which necessitated diversification for additional characteristics and applications. In this lecture, different FRP molding methods as well as future molding materials and processes will be introduced.

Masanori Takeda

Executive officer

Fiber Reinforced Plastics Production Division

Sakai Sangyo Co., Ltd

16:15 - 17:10"Glass wool filled plastic composite and new high performance glass wool for plastic compound"

Nanodax has been developing glass wool plastic composites as new application fields instead of glass fiber. We will introduce this development history and technologies details including many advantages and applications. And we will share the latest fine E-glass wool development.

Masanori Fujita:

Chair man

Nanodax Co., Ltd


17:45 Banquet (Fee: 5,000 yen/person)


Workshop Participation Fees

SPE Japan Section Member: FREE

Non-SPE Japan Section Member: \15,000

(Substitution is not accepted for individual member.)


Please email your Full name, Name of Organization, Department, Job Title, Telephone Number and Email to the following contact:

SPE Japan Section, Membership committee chair 

Mr. Manabu Ogiwara, Nippon Zeon Co., Ltd

Please contact by E-mail: M.ogiwara@zeon.co.jp


「環境・エネルギー分野における複合材料の可能性」



 複合材料は,軽量性,放熱性などの特徴を活用して、自動車、電気機器、産業機器、建築資材へ適用を拡大しています。今回の講演会では、材料、成形、適用の全分野を網羅して、新規複合材料、各種成形加工法、複合材料の応用事例、現状と今後の展開について講演いただき、環境・エネルギー分野における複合材料の展開、可能性について、総合的に情報提供できる場を提供いたします。



主催:SPE日本支部

日時:126() 1310-1700

場所:大阪ガスドームシティガスビル

(地下鉄ドーム前千代崎駅, 阪神ドーム前駅, 環状線大正駅)

   http://www.ogis-ri.co.jp/map/mapdc.html


1310-1315 主催者挨拶(SPE日本支部長)

1315-1410 「CFRP/CFRTPの分野別用途・技術動向と今後の見通し」

今後、益々の発展が見込まれている炭素繊維強化材料(CFRP/CFRTP)に関して、その技術動向、課題および今後の見通しをインフラ、産業、民生、レジャー、航空宇宙、輸送機器など自動車分野以外の用途を中心に具体的に述べる。

()カワサキテクノリサーチ マネージャー 江口英樹氏

1410-1505 「電機メーカーにおける複合材料の展開」

複合材料、中でも炭素繊維強化プラスチック(CFRP)は、鉄、アルミに代わる第3の構造材料として注目され、従来の人工衛星やスポーツ用品だけでなく、航空機や自動車への適用が本格化している。電機業界においても、軽量で高強度というCFRPの特徴を活かし、エレベータや鉄道車両用部材などへの適用開発が進んでいる。本発表では、その適用事例と今後の展望について紹介する。

三菱電機㈱先端技術総合研究所マテリアル技術部 マネージャー 鮫島壮平氏

1505-1520 休憩

1520-1615 「複合材料成形法の紹介と今後の可能性」

近年、複合材料は工業材料として様々な産業分野への適用に広がりを見せはじめ、特に繊維強化複合材料(FRP)はその用途拡大に産業界各方面から期待がよせられている。そのFRPの成形方法は、用いる原料の種類に応じた様々な方法があり多様化が進むと共に、付加特性や用途による住み分けがされている。本発表では、今後の成形材料やプロセスの可能性も交え、複数あるFRP成形法のプロセスを網羅的に紹介する。

サカイ産業㈱ 執行役員 複合材事業部 竹田雅紀氏

1615-1710 「高機能性グラスウールの開発と樹脂複合化の現況」

断熱材として主に使用されてきた綿ガラス(Glass Wool: GW)の新たな需要開拓として、空気を90%含有したグラスウール(GW)を加熱して空隙を除去し、強圧縮して傘比重を下げて、熱可塑性樹脂に充填するシステムを開発し、製品化を進めている。従来の断熱材用GWは、アルカリ金属酸化物が多く強アルカリ性であり、エステル系樹脂では加水分解により分子量の劣化が問題となっていた。今回、金属酸化物を低減した「E-Glass Wool」の製法を確立、樹脂強化材として製品化を進めている。

ナノダックス㈱ 代表取締役 藤田鉦則氏


17451945 懇親会(ドームシティガスビル15F


【参加要領】
講演会参加費
SPE
日本支部会員(無料)、非会員(15,000円) 個人会員の代理出席は認められません。
参加費お支払いは原則、当日現金でお願いしております。
現金以外の支払いをご希望の方はその旨、メールでのご連絡をお願い申し上げます。
お名前、会社名、部署、電話、メールアドレス、懇親会参加有無を下記へメールお願いします。

SPE日本支部 会員担当:荻原 学 日本ゼオン㈱ 加工品開発研究所
210-0863 神奈川県川崎市川崎区夜光1-2-1
TEL
044-276-3729FAX044-276-3293
e-mail
M.ogiwara@zeon.co.jp


DEVELOPMENT OF COMPOSITE MATERIALS IN THE ENERGY AND THE ENVIROMENT FIELD


Composite materials are expanding application for automobile, electric and electronics, machinery, and construction. In this seminar, lectures for market trend, new materials, molding and forming process, and application of composite materials will be presented.


Sponsorship: SPE Japan Section

Date: December 6, 2017 13:10 - 17:10 

PLACEOSAKA GAS Dome-City Gas Building

   http://www.ogis-ri.co.jp/map/mapdc.html


13:10 - 13:15 Introductory remarks

13:15 - 14:10 "Application and technology trend of CFRP / CFRTP" 

CFRP, CFRTP, Infrastructure, Industry, Consumerism, Leisure, Aerospace

Hideki Eguchi

Manager

Kawasaki Techno Research INC.

14:10 - 15:05 "Development of composite materials in the electronics and electric industry"

CFRP has been widely utilized for aerospace, automotive and even electric appliances as an attractive alternative material to iron and aluminum. This presentation will show some current applications of CFRP and its future prospects.

                  Sohei Samejima

Group manager, Composite Material Group

             Material & Processing Technology Department

Advanced Technology R&D Center

Mitsubishi Electric Corporation

15:05 - 15:20 Coffee Break

15:20 - 16:15 "Advance and potential of composite materials processing and molding"

Recently composite materials have been more widely used for industrial applications in a variety of industries. Particularly, there are many molding methods of FRP depending on the kind of materials, which necessitated diversification for additional characteristics and applications. In this lecture, different FRP molding methods as well as future molding materials and processes will be introduced.

Masanori Takeda

Executive officer

Fiber Reinforced Plastics Production Division

Sakai Sangyo Co., Ltd

16:15 - 17:10"Glass wool filled plastic composite and new high performance glass wool for plastic compound"

Nanodax has been developing glass wool plastic composites as new application fields instead of glass fiber. We will introduce this development history and technologies details including many advantages and applications. And we will share the latest fine E-glass wool development.

Masanori Fujita

Chair man

Nanodax Co., Ltd


17:45 Banquet (Fee: 5,000 yen/person)


Workshop Participation Fees

SPE Japan Section Member: FREE

Non-SPE Japan Section Member: \15,000

(Substitution is not accepted for individual member.)


Please email your Full name, Name of Organization, Department, Job Title, Telephone Number and Email to the following contact:

SPE Japan Section, Membership committee chair 

Mr. Manabu Ogiwara, Nippon Zeon Co., Ltd

Please contact by E-mail: M.ogiwara@zeon.co.jp


「環境・エネルギー分野における複合材料の可能性」


講演会要旨

 複合材料は,軽量性,放熱性などの特徴を活用して、自動車、電気機器、産業機器、建築資材へ適用を拡大しています。今回の講演会では、材料、成形、適用の全分野を網羅して、新規複合材料、各種成形加工法、複合材料の応用事例、現状と今後の展開について講演いただき、環境・エネルギー分野における複合材料の展開、可能性について、総合的に情報提供できる場を提供いたします。



主催:SPE日本支部

日時:126() 1310-1700

場所:大阪ガスドームシティガスビル

(地下鉄ドーム前千代崎駅, 阪神ドーム前駅, 環状線大正駅)

   http://www.ogis-ri.co.jp/map/mapdc.html


1310-1315 主催者挨拶(SPE日本支部長)

1315-1410 「CFRP/CFRTPの分野別用途・技術動向と今後の見通し」

今後、益々の発展が見込まれている炭素繊維強化材料(CFRP/CFRTP)に関して、その技術動向、課題および今後の見通しをインフラ、産業、民生、レジャー、航空宇宙、輸送機器など自動車分野以外の用途を中心に具体的に述べる。

()カワサキテクノリサーチ マネージャー 江口英樹氏

1410-1505 「電機メーカーにおける複合材料の展開」

複合材料、中でも炭素繊維強化プラスチック(CFRP)は、鉄、アルミに代わる第3の構造材料として注目され、従来の人工衛星やスポーツ用品だけでなく、航空機や自動車への適用が本格化している。電機業界においても、軽量で高強度というCFRPの特徴を活かし、エレベータや鉄道車両用部材などへの適用開発が進んでいる。本発表では、その適用事例と今後の展望について紹介する。

三菱電機㈱先端技術総合研究所マテリアル技術部 マネージャー 鮫島壮平氏

1505-1520 休憩

1520-1615 「複合材料成形法の紹介と今後の可能性」

近年、複合材料は工業材料として様々な産業分野への適用に広がりを見せはじめ、特に繊維強化複合材料(FRP)はその用途拡大に産業界各方面から期待がよせられている。そのFRPの成形方法は、用いる原料の種類に応じた様々な方法があり多様化が進むと共に、付加特性や用途による住み分けがされている。本発表では、今後の成形材料やプロセスの可能性も交え、複数あるFRP成形法のプロセスを網羅的に紹介する。

サカイ産業㈱ 執行役員 複合材事業部 竹田雅紀氏

1615-1710 「高機能性グラスウールの開発と樹脂複合化の現況」

断熱材として主に使用されてきた綿ガラス(Glass Wool: GW)の新たな需要開拓として、空気を90%含有したグラスウール(GW)を加熱して空隙を除去し、強圧縮して傘比重を下げて、熱可塑性樹脂に充填するシステムを開発し、製品化を進めている。従来の断熱材用GWは、アルカリ金属酸化物が多く強アルカリ性であり、エステル系樹脂では加水分解により分子量の劣化が問題となっていた。今回、金属酸化物を低減した「E-Glass Wool」の製法を確立、樹脂強化材として製品化を進めている。

ナノダックス㈱ 代表取締役 藤田鉦則氏


17451945 懇親会(ドームシティガスビル15F


【参加要領】
講演会参加費
SPE
日本支部会員(無料)、非会員(15,000円) 個人会員の代理出席は認められません。
参加費お支払いは原則、当日現金でお願いしております。
現金以外の支払いをご希望の方はその旨、メールでのご連絡をお願い申し上げます。
お名前、会社名、部署、電話、メールアドレス、懇親会参加有無を下記へメールお願いします。

SPE日本支部 会員担当:荻原 学 日本ゼオン㈱ 加工品開発研究所
210-0863 神奈川県川崎市川崎区夜光1-2-1
TEL
044-276-3729FAX044-276-3293
e-mail
M.ogiwara@zeon.co.jp


このアーカイブについて

このページには、2017年11月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2017年9月です。

次のアーカイブは2017年12月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。