2015年4月アーカイブ

20150727  SPE-ANTEC/NPE2015紹介講演会/最新の加工技術紹介

2015322日から27日,SPE年次大会(ANTEC)およびSPI主催の国際プラスチック展示会(NPE)2015が,アメリカ・オーランドにて開催された。近年,プラスチック産業や研究開発の衰退と停滞が叫ばれる中,前回の同大会および展示会に比べて多くの企業が参加,出展していた。特に,今回から3Dプリンタ関連のブースや展示が多くなされ,この分野の更なる発展や研究開発が注目されている。ここでは,ANTEC2015および注目された各研究技術のトピックスを紹介する。皆様方の積極的なご参加をお待ちしています。

 

日時 2015727日(月) 14:00-19:00

場所:住友ベークライト株式会社 本社20階会議室 (TEL03-5462-4111

140-0002 東京都品川区東品川二丁目5番8号 天王洲パークサイドビル

http://www.sumibe.co.jp/company/offices/head_office/index.html

 

講演内容

14:0014:05  開会挨拶

14:0515:00 「ANTEC2015&NPEトピックス紹介〜射出成形および工業物性・構造のトレンド〜」  

                             山形大学 伊藤浩志氏

15:0015:55 「発泡成形・工業レオロジーの最新動向(仮)」   

                             山形大学 杉本昌隆氏

15:5516:05  〜 休憩 〜   

16:0517:00 「NPEトピックス&最新の押出成形技術(仮) 

                              テクノベル 梅田杉也氏

17:1519:00 懇親会 (参加費:5,000/人)

 

参加要領

・参加費:SPE日本支部会員:無料、非会員:10,000

(個人会員の代理出席は認められません)

以下より申し込みできます。

http://spejapan.org/blog/spe/2015/06/spe.html

できない場合はメールでお願いします。

・申込方法:氏名、会社、部署、電話、メールアドレス、懇親会出欠、請求書が必要な場合はその旨を下記宛へメールでご連絡下さい。

 

SPE日本支部】 

会員担当理事

荻原 学 日本ゼオン㈱ 加工品開発研究所

210-0863 神奈川県川崎市川崎区夜行1-2-1

Tel. 044-276-3729 Fax. 044-276-3293

e-mailM.ogiwara@zeon.co.jp

The polymeric materials for medical application

We focus on the polymeric materials that it is key technology titled "polymeric materials for medical application" in this Presentation and are going to have you give a lecture on medical equipment, the applied technology to a medical product application while bringing the example of the latest topics. We wait for participation of much one.

Sponsorship:SPE Japan Section
The date :June 10, 2015  Wednesday,   from 13:30 to 16:50 
Place:Sumitomo Bakelite HQ office , 20th floor Co., Ltd.
2-5-8, Higashi-shinagawa, Shinagawa-ku, Tokyo Four Devas sandbank park side building
http://www.sumibe.co.jp/company/offices/index.html

13:30〜13:40:Preface
13:40〜15:10 
Title: "medical equipment and polymeric materials"
                        Mr.Tetsuo Kawanish of Terumo Corporation
Abstract:
The medical field is placed for growth strategy of our country, and the action to development of products with the international competitiveness is important.Above all, the polymeric materials occupy the main position without being able to miss materials having various functions for development of expensive medical equipment of the value more.We speak polymeric materials found to medical equipment with the change of the major product which we developed in Terumo in this subject of a speech.


15:10〜15:20
A break
15:20〜16:50
Title: "biocompatible high polymer design Kyushu University guidance material chemistry laboratory by the middle water concept"
Dr.Masaru Tanaka of Kyushu University.
Abstract:
The polymeric materials having biocompatibility are essential to a diagnosis and development of the management to do aged society wealthily.The adsorption of the water molecule happens as soon as polymeric materials constituting a medical product come in contact with a body composition.This water molecule forms a place of the adhesion and the functional expression of protein and the cell when we pay our attention to a water molecule from the viewpoint of reaction field of a life phenomenon maintaining the constancy of the living body skillfully.Because the bio interface that is a live blood cell and the interface with man-made materials is a factor to prescribe the interaction between cellular - materials, elucidation and an interface material design of the essence of the interaction are problems. In this report, we speak high polymer design technique and the application to a medical product that paid its attention to the basic physical property of polymeric materials and the hydrous hydration structure, manoeuverability that we did.

17:15〜19:15 social gathering (5,000 yen/)

[the participation ]
SPE Japan Section member (free), a nonmember (10,000 yen)
The substitute attendance of the individual member is not accepted.
We ask for the entrance fee payment in cash on a principle, the day.
The person of the hope asks so for the communication by the email.
We e-mail the name, a company name, a post, a telephone, email atto- ゛ reply, social gathering participation presence at the following


SPE Japan Section member charge 
Ogiwara of Nippon Zeon 
210-0863 1-2 〒 Kawasaki-ku, Kawasaki-shi, Kanagawa night travel 1
TEL044-276-3729
Fax 044-276-3293
e-mail M.ogiwara@zeon.co.jp

医療用途に求められる高分子材料 


本講演では「医療用途に求められる高分子材料」と題してキーテクロノジーとなる高分子材料に焦点を当て、医療機器、医療製品用途への応用技術に関して最新トピックスの事例も交えながら御講演頂く予定です。多くの方の御参加をお待ちしております。


主催 SPE日本支部

日時 2015年6月10日(水) 13:30~16:50

場所 住友ベークライト株式会社 20階

東京都品川区東品川二丁目5番地8号 天王洲パークサイドビル

HYPERLINK "http://www.sumibe.co.jp/company/offices/index.html" http://www.sumibe.co.jp/company/offices/index.html


13:30~13:40 はじめに

13:40~15:10

1.演題 「医療機器と高分子材料」

テルモ株式会社

コアテクノロジーセンター長 川西 徹朗氏

【講演概要】

医療分野は我が国の成長戦略にも位置付けられ、国際競争力のある製品開発への取り組みは重要である。より価値の高い医療機器の開発には様々な機能を持つ材料が欠かせず、中でもポリマー材料は主要な位置を占める。本演題ではテルモで開発した主要製品の変遷と共に、医療機器に求められる高分子材料について述べる。


15:10~15:20 休憩


15:20~16:50

2.演題 「中間水コンセプトによる生体親和性高分子の設計」

九州大学先導物質化学研究所

ソフトマテリアル学際化学分野 田中 賢教授

【講演概要】

生体親和性を有する高分子材料は、高齢社会を豊かにするための診断や治療技術の開発に必須である。医療製品を構成する高分子材料が生体成分と接触すると直ちに水分子の吸着が起こる。生体の恒常性を巧みに維持している生命現象の反応場の観点から水分子に着目すると、この水分子はタンパク質や細胞の接着や機能発現の場を形成している。生きた血液細胞と人工的な材料との界面であるバイオ界面が細胞-材料間相互作用を規定する要因なので、その相互作用の本質の解明と界面材料設計が課題である。本講では、高分子材料の基本物性および含水した水和構造・運動性に着目した高分子の設計手法と医療製品への応用について述べる。


17:15~19:15懇親会 (5,000円/人)


【参加要領】

演会参加費 SPE日本支部会員(無料)、非会員(10,000円)

個人会員の代理出席は認められません。

参加費お支払いは原則、当日現金でお願いしております。

ご希望の方はその旨、メールでのご連絡をお願い申し上げます。

お名前、会社名、部署、電話、メールアト゛レス、懇親会参加有無を下記へメール


SPE Japan Section 会員 担当 荻原 学

日本ゼオン㈱ 加工品開発研究所

〒210-0863 神奈川県川崎市川崎区夜行1-2-1

℡044-276-3729  Fax 044-276-3293

e-mail M.ogiwara@zeon.co.jp











このアーカイブについて

このページには、2015年4月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2015年1月です。

次のアーカイブは2015年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。