Topics from Kansai region of Japan on functionalization and evaluation technologies of environment and energy related polymer materials.

 From the perspectives of a sustainable society, consciousness on conservation of the global environment and ecological environment is rapidly increasing worldwide. Therefore, as topics from Kansai region of Japan, this workshop is about the current status and prospects of functionalization and evaluation technologies of polymer materials related to environment and energy fields. We invite lecturers who are active at the forefront, and will be held in Kyoto, where tradition and development are integrated.

Sponsorship: SPE Japan Section
Cooperation: Kyoto Municipal Institute of Industrial Technology and Culture

Date: October 9, 2019 13:00 - 17:00

Place: Kyoto Municipal Institute of Industrial Technology and Culture
Building #9 South, Kyoto Research Park91 Chudoji Awata-cho, Shimogyo-ku, Kyoto 600-8815, Japan
TEL: +81-75-326-6100
http://tc-kyoto.or.jp/access/

13:10-13:10 Greeting

13:10-14:10
"The current state of the Urushi and development of a novel raw urushi using dispersion technique"
Kyoto Municipal Institute of Industrial Technology and Culture
Senior Researcher Dr, Youichi Tachibana
The urushi (Asian lacquer) was used for a natural paint from ancient times. In the past, the refinement technology of urushi has been developed to obtain the high-quality urushi film. In this study, I will introduce the refined urushi obtained by using the thin-film spin system.
Keywords : Urushi, Aquatic particle, Dispersion, High gloss film, High transparency film

14:10-14:50
Facility tour of Kyoto Municipal Institute of Industrial Technology and Culture

15:00-16:20
"High adhesion metal film deposition technology to plastics by high speed sputtering system"
SHIMADZU Corporation   Assistant section chief Mr. Atsufumi Ogishi
High speed sputtering, CVD, surface treatment, Head-up display mirror, Seed layer for plating.
 
"Standardization of high-speed tensile test of Plastics"
SHIMADZU Corporation   Assistant manager Mr. Zen Miyazaki
High speed tensile test, plastics, ISO, standardization, weight reduction, transportation, reduction of environmental load.

16:20-17:20
"Current situation and future prospect of thermal management polymeric materials developing toward the next generation"
Osaka Research Institute of Industrial Science and Technology Morinomiya center
Fellow Dr. Yasuyuki Agari
Thermal conductive polymeric materials have begun greatly developed of in current century, and so is changing to that of thermal management polymeric materials in the future fields, i.e. 5G, IoT, AI.

17:20-17:30 Conclusion

17:45-19:15 Networking

Workshop Participation Fees
- SPE Japan Section Member: FREE
- Non-SPE Japan Section Member: \15,000
(Substitution is not accepted for individual member.)

If the link the not accessible, please email your Full name, Name of Organization, Department, Job Title, Telephone Number and Email to the following contact:

SPE Japan Section
Mr. Ogiwara Manabu (SPE director), Nippon Zeon Co.,Ltd.

Tel: +81-(0)44-276-3741 Fax: +81-(0)44-276-3321,

E-mail: M.Ogiwara@zeon.co.jp

「関西からの情報発信 -環境・エネルギー関連の高分子材料の機能化技術・評価技術」

 持続可能な開発などを目標とするSDGsへの取組みが高まってきています。今回の講演会は、関西からの情報発信として、環境やエネルギーに関連する高分子材料の機能化技術や評価技術の現状や展望について、最前線でご活躍の講師をお招きし、伝統と先進が融合する京都の地で開催いたします。

主催:SPE日本支部
協賛:(地独) 京都市産業技術研究所

日時:2019年10月9日(水) 13:00~17:30
場所:(地独) 京都市産業技術研究所(京都市下京区 京都リサーチパーク)
http://tc-kyoto.or.jp/access/
(JR嵯峨野線 丹波口駅 西へ徒歩約8分)

13:00-13:10 主催者挨拶(SPE日本支部長)

13:10-14:10 
「漆の現状と分散技術を用いた漆の改質について」
 (地独)京都市産業技術研究所 高分子系チーム 主席研究員 橘 洋一 氏 
漆は,古来より使われてきた天然樹脂塗料であり、我々に非常になじみ深いものである。これまでに,高品質な漆の開発を目的として、漆の精製技術は種々検討されてきた。その流れや現状を紹介すると共に,弊所で行ってきた分散技術を用いた漆の改質について報告する。

14:10-14:50 (地独) 京都市産業技術研究所 施設見学
プラスチック関連の研究、試験などに使用する機器など

15:00-16:20
「高速スパッタリング装置による樹脂への高密着金属成膜技術」
株式会社 島津製作所 主査 大岸厚文 氏
島津製作所の高速スパッタリング装置は、高い反射率と優れた密着性を有するアルミ膜を高速で成膜可能であり、自動車ヘッドランプリフレクタやヘッドアップディスプレイ用ミラーの量産に適している。また本装置では、樹脂への金属めっきで必要となる銅シード層形成工程において、現在の工法(無電解めっき)で使用される有害な六価クロムや高価な金属触媒を使用することなく銅シード層が形成可能であり、環境負荷低減やコスト削減が期待できる。本発表ではこの高速スパッタリング装置の特長と応用について述べる。
  
「プラスチックの高速引張試験方法の標準化」
株式会社 島津製作所 主任 宮崎 然 氏
輸送機の環境負荷低減に向けた軽量化を目的としてプラスチックの採用比率が高まっている。プラスチック部品のCAE 解析による設計において標準的な材料データベースの構築が求められる。プラスチックの引張試験では試験速度が500mm/min以下の場合ISO 527 (2012)の改訂が進められているが、500mm/minを超える場合は満足した試験規格が開発されていない課題がある。更にグローバル化への対応を考慮すると、プラスチックの高速引張試験方法の国際標準化が求められる。このような目的のためにISOTC61/SC2国内委員会内に設置された。本講演ではISOTC61/SC2国内委員会内の活動に加えて、高速引張試験の使用事例も含めた最新動向を紹介する。

16:20-17:20 
「次世代に向けて発展する高分子系熱制御材料の現状と今後」
(地独)大阪産業技術研究所 森之宮センター 研究フェロー 上利泰幸 氏
今世紀に入って大きくクローズアップされた高分子系放熱材料の開発は、パソコン、LED照明など種々の電子分野での高密度化や高出力化の進展にともない、大きく発展するだけでなく、そのニーズは他の熱制御材料(熱放射、遮熱、蓄熱、耐熱、低熱膨張など)へも広がってきた。さらに、次世代分野(5G,IoT, AIなど)でもその需要が大きくなっている。本講演ではそれらの技術と開発の現状と次世代に向けた展望について説明する。

17:20-17:30 終わりに

17:45-19:15 懇親会 (参加費:5,000円/人)

参加要領
・参加費:SPE日本支部会員:無料、非会員:15,000円
(個人会員の代理出席は認められません)
  懇親会には別途5,000円お支払いください
以下より申し込みできます。

http://spejapan.org/blog/spe/2015/06/spe.html

アクセスできない場合はメールでお願いします。
・申込方法:氏名、会社、部署、電話、メールアドレス、懇親会出欠、請求書が必要な場合はその旨を下記宛へメールでご連絡下さい。

SPE日本支部
荻原 学 日本ゼオン(株)加工品開発研究所
〒210-0863 神奈川県川崎市川崎区夜光1-2-1
Tel : 044-276-3741 Fax : 044-276-3321
e-mail : M.Ogiwara@zeon.co.jp

SPE-ANTEC 2019 Introductory Lecture / Introduction to Corporate Products / Technical Topics


   SPE Annual Convention (ANTEC) was held from March 18 to 20, 2019 in Detroit, USA.  ANTEC is the world's largest research conference on plastic technology, with 500 research presentations and 70 corporate exhibits. Here, we introduce the topics of each research technology that were focused on in ANTEC2019. Also, introduce the latest products and technology topics of each company to four people. We look forward to your active participation.


Sponsorship SPE Japan Section

Date: Thursday, August 1, 2019 13:00 - 17:10

Place: Sumitomo Bakelite Co., Ltd. 20th floor. Tennoz Parkside Building

5-8 Higashi-Shinagawa 2-chome, Shinagawa-ku, Tokyo 140-0002

TEL: +81-3-5462-4111

http://www.sumibe.co.jp/company/offices/head_office/index.html


13:3013:35 Opening remarks 

Latest products and technology topics of plastic related companies

13:3514:05 Thermoplastic elastomer bead foam (ELASTIL ) and its application development

Sekisui Plastics Co., Ltd.  Yuichi  Gondo

14:1014:40 Introduction of ZEON AL Sheet®

ZEON Corporation  Junya Motoki 

14:4014:55 Coffee break

14:5515:25 Introduction of STABiO™

Mitsui Chemicals Inc. Satoshi Yamazaki    

15:3016:00 Features and Development of Polymerized Long-chain Branched PP-WAYMAXTM

Japan Polypropylene Corporation   Kuninobu Takahashi 

ANTEC2019 Participation report

16:0017:00ANTEC2019 report」(Recent trends seen from lectures and exhibitions

TECHNOVEL Corporation  Sugaya Umeda   

17:00~17:05 in conclusion

17:15 - A social gathering (5,000 yen/person) 


The participation

An entrance fee: SPE Japan Section member: Free of charge 

A nonmember: 10,000 yen

 (The substitute attendance of the individual member is not accepted)

A social gathering fee: 5,000 yen


Please contact it by an email.

 Full name, a company, a post, a telephone, an e-mail address, a social gathering roll, 

 a bill are necessary; so to follows pass, 

[SPE Japan Section]

 A member charge director Manabu Ogiwara

210-0863 Yakou1-2-1, Kanagawa,Kawasaki-ku, Kawasaki,Kanagawa Pref,.Japan

 Tel.: 044-276-3729 Fax. 044-276-3293

 Nippon Zeon Co.,Ltd.

 mail:M.ogiwara@zeon.co.jp


 SPE-ANTEC2019紹介講演会/企業製品・技術トピックス紹介

2019318日から20日,SPE年次大会(ANTEC)が,アメリカ・デトロイトにて開催された。ANTECは、500件にのぼる研究発表と70件ほどの企業展示がなされる世界最大のプラスチック技術に関する研究集会である。ここでは,ANTEC2019で注目された各研究技術のトピックスを紹介する。また4社の方々に各企業の最新の製品や技術のトピックスを紹介していただく。皆様方の積極的なご参加をお待ちしています。


日時 201981日(木) 13:30-17:00

場所:住友ベークライト株式会社 本社20階会議室 (TEL03-5462-4111

 140-0002 東京都品川区東品川二丁目58号 天王洲パークサイドビル

http://www.sumibe.co.jp/company/offices/head_office/index.html


講演内容

13:3013:35  開会挨拶


プラスチック関連企業の最新製品・技術トピックス

13:3514:05 「熱可塑性エラストマービーズ発泡体(エラスティル)とその用途展開 」  

積水化成品工業() 研究開発センター 開発部

発泡材料開発グループ 権藤裕一 氏


14:1014:40 「ゼオンALシート®の紹介」

ゼオン化成㈱ 高機能材料部 部長 本木準也 氏


14:4014:55 休憩


14:5515:25 「バイオイソシアネート(STABiO™)の紹介

三井化学() コーティング・機能材事業部 ウレタン開発グループ 山崎聡 氏


15:3016:00 「重合型長鎖分岐PP-WAYMAXTMの特徴と展開

日本ポリプロ(材料技術センター 新規材料開発グループ

グループリーダー 高橋邦宜 氏


ANTEC2019参加報告

16:0017:00ANTEC2019の報告」(講演会・展示会から見える近年の動向)  

()テクノベル 梅田杉也 氏


17:00~17:05 おわりに


17:1519:00 懇親会 (参加費:5,000/人)


参加要領


・参加費:SPE日本支部会員:無料、非会員:10,000

 (個人会員の代理出席は認められません)

  懇親会には別途5,000円お支払いください

以下より申し込みできます。

http://spejapan.org/blog/spe/2015/06/spe.html


アクセスできない場合はメールでお願いします。

・申込方法:氏名、会社、部署、電話、メールアドレス、懇親会出欠、請求書が必要な場合はその旨を下記宛へメールでご連絡下さい。 


SPE日本支部

 荻原 学 日本ゼオン()加工品開発研究所

 210-0863 神奈川県川崎市川崎区夜光1-2-1

 Tel : 044-276-3741 Fax : 044-276-3321

 e-mail : M.Ogiwara@zeon.co.jp


工業・産業分野やライフサイエンス分野における機能性フィルムに関連した技術開発はそれに係る企業・産業界の間で強力に推進されております。そこでSPE日本支部では『最新の機能性フィルムの動向紹介』と題しましてフィルム材料の現状と将来を見据えた最新のフィルム材料の動向・開発に関連する講演会を企画いたしました。今回の講演会ではフィルムの産業分野で活躍する方々の生の声を交えたフィルム材料の紹介や開発を中心とした講演会内容としております。材料開発、プラスチック成形加工、製品開発などの分野に関係する多くの方が参加され、相互の交流を深める良い機会になることを期待します。

【概要】

主催:SPE日本支部

日時:2019年6月28日(金) 13:00~17:00

場所:住友ベークライト株式会社 本社20階会議室

東京都品川区東品川二丁目5番8号 天王洲パークサイドビル

http://www.sumibe.co.jp/company/offices/index.html

【講演内容】

13:00~13:05 ご挨拶

13:05~14:35 「最新の機能性フィルムの紹介」

        KT Polymer      代表 金井 俊孝

14:35~14:45 休憩

14:45~15:45 「ゼオノアフィルムについて」(仮題)

株式会社 オプテス     社長 赤谷晋一

15:45~15:55 ~ 休憩 ~

15:55~16:55 「 自動車外装用加飾フィルム『PLANEXT® Film』の開発 」 (仮題)

      帝人株式会社   樹脂事業本部 樹脂開発センター 基幹技術開発室  室長 山中 克浩 

16:55-17:00 おわりに

17:15- 懇親会 (5,000円/人)


【参加要領】

 参加費:SPE日本支部会員:無料,非会員:15,000円

 (個人会員の代理出席は認められません)

ホームページより、申し込みください。アクセスできない場合はメールでお願いします。

http://spejapan.org/

・申込方法:氏名,会社,部署,電話,メールアドレス,懇親会出欠,

  請求書が必要な場合はその旨を下記宛へメールでご連絡下さい。


【SPE日本支部】

 荻原 学  日本ゼオン㈱ 加工品開発研究所

 〒210-0863 神奈川県川崎市川崎区夜光1-2-1

 Tel:044-276-3741  Fax:044-276-3321

 e-mail:M.Ogiwara@zeon.co.jp


Trend introduction of the latest functional film


Technology development related to functional films in the industrial / industrial field and life science field is strongly promoted among the companies / industries concerned with it. Therefore, the SPE Japan Chapter, entitled "Introduction to the latest trends in functional films," organized a lecture on the current status of film materials and the trends and developments of the latest film materials in anticipation of the future. In this lecture, the contents of the lecture will be centered on the introduction and development of film materials that incorporate the voices of people active in the film industry. Many people involved in the fields of material development, plastic molding processing, product development, etc. are participating, and I hope that it will be a good opportunity to deepen mutual interaction.


Sponsorship SPE Japan Section


Date: Friday, June 28, 2019 13:00 - 17:10

Place: Sumitomo Bakelite Co., Ltd. 20th floor. Tennoz Parkside Building

5-8 Higashi-Shinagawa 2-chome, Shinagawa-ku, Tokyo 140-0002

TEL: +81-3-5462-4111

http://www.sumibe.co.jp/company/offices/head_office/index.html


13:00-13:05     Introductory remarks

13:05-14:35 "Introduction of the latest functional film"  KT Polymer  representative  Toshitaka Kanai

14:35-14:45      Break

14:45-15:45      "ZeonorFilm™"   Oates Co.,Ltd   Shinichi Akatani


15:45-15:55     ~Coffee Break~

15:55-16:55       "『PLANEXT® Film』"  Teijin Corporation    Katsuhiro Yamanaka

16:55-17:00       Greeting


17:15 - A social gathering (5,000 yen/person) 


The participation

An entrance fee: SPE Japan Section member: Free of charge 

A nonmember: 15,000 yen


 (The substitute attendance of the individual member is not accepted)

A social gathering fee: 5,000 yen


Please contact it by an email.

 Full name, a company, a post, a telephone, an e-mail address, a social gathering roll, 

 a bill are necessary; so to follows pass, 


[SPE Japan Section]


20190419  Perspective of plastics among materials fabricated in passenger cars


Metal is the main raw material of automotive, although plastics have been expanded its application. The used ratio of metals, ceramics and plastics in a car is recently fixed because of matured characteristics of materials. However, the trend of electric vehicles is rapidly changing the situation of material competition.  

Expectation of light weight cars may induce new idea on products. In this workshop, we will know new attempt of plastics applications in next generation cars. Thus, many engineers involved in development, design and production of automotive are encourages to join this opportunity.  

We look forward to your participation.


Sponsorship SPE Japan Section


Date: Friday, April 19, 2019 13:00 - 17:10

Place: Sumitomo Bakelite Co., Ltd. 20th floor. Tennoz Parkside Building

5-8 Higashi-Shinagawa 2-chome, Shinagawa-ku, Tokyo 140-0002

TEL: +81-3-5462-4111

http://www.sumibe.co.jp/company/offices/head_office/index.html


13:00-13:05  Introductory remarks

13:05-14:00 Development situation of the shock absorbers using thermos-plastic composites, Honda R&D Co., Ltd. Mr. Tomoya Yabu

14:05-15:00  Introduction of the technology improving toughness of fiber-reinforced composites with hybrid fibers, Toyota Boshoku Co., Mr. Motoki Maekawa

15:00-15:15     ~Coffee Break~

15:15-16:10  Plastics solutions to enable next-generation mobility, SABIC, Mr. Yuto Saitoh

16:15-17:10 (Tentative title) Recent trends of engineering plastics in the automotive sector, BASF Japan Ltd., Mr. Isamu Yamamoto


17:30 - A social gathering (5,000 yen/person) 


The participation

An entrance fee: SPE Japan Section member: Free of charge 

A nonmember: 15,000 yen


 (The substitute attendance of the individual member is not accepted)

A social gathering fee: 5,000 yen


Please contact it by an email.

 Full name, a company, a post, a telephone, an e-mail address, a social gathering roll, 

 a bill are necessary; so to follows pass, 


[SPE Japan Section]

 A member charge director Manabu Ogiwara

210-0863 Yakou1-2-1, Kanagawa,Kawasaki-ku, Kawasaki,Kanagawa Pref,.Japan

 Tel.: 044-276-3729 Fax. 044-276-3293

 Nippon Zeon Co.,Ltd.

 mail:M.ogiwara@zeon.co.jp

URL:http://spejapan.org/index.html

20190419 SPE日本支部 講演会 「自動車に使われる素形材における樹脂の位置づけ」


自動車分野では、100年に一度といわれる大変革が進んでいます。使われる材料につい

て、マルチマテリアル、軽量、成形加工性、意匠性などのキーワードが話題となっていま

す。こうした中で、伝統的な金属系、無機系、高分子系材料という棲み分けに安住するこ

とはできず、我々プラスチックス技術者も大変革に対応していかなければなりません。

今回の講演会では、自動車に使われる素形材としての樹脂の立ち位置を見直したいと考

えています。4件の話題には直接の関連はありませんが、全体を通して聴講されると、樹脂

の進むべき方向が見えてくると思います。

材料開発、プラスチック成形加工、製品開発の分野に関係する技術者が参加され、相互

の交流を深める良い機会になることを期待します。


主催:SPE日本支部

日時:2019年4月19日(金) 13:00~17:10

場所::住友ベークライト㈱ 本社20階会議室 (TEL:03-5462-4111)

   〒140-0002 東京都品川区東品川二丁目5番8号 天王洲パークサイドビル

   http://www.sumibe.co.jp/company/offices/head_office/index.html

13:00-13:05     挨拶

13:05-14:00 (質疑応答5分含む)

「熱可塑複合材料を用いた衝撃吸収体の研究紹介」 

     本田技術研究所 四輪R&Dセンター 彌武 朋也

14:05-15:00 (質疑応答5分含む)

「異種繊維混合による繊維複合材の耐衝撃性向上技術紹介」

     トヨタ紡織 内外装先行開発部 戦略企画室 前川元貴

15:00-15:15 休憩

15:15-16:10 (質疑応答5分含む)

「次世代モビリティ実現のためのプラスチックスソリューション」

     SABIC 自動車マーケティング部 部長 齋藤 裕人

16:15-17:10 (質疑応答5分含む)

「(仮)エンプラの最新動向」

     BASFジャパン パフォーマンスマテリアルズ事業部長 山本勇

17:30~19:30懇親会(¥5,000/人)



参加要領

講演会参加費:SPE日本支部会員:無料,非会員:15,000円

懇親会参加費:5000円

(個人会員の代理出席は認められません)

ホームページより、申し込みください。アクセスできない場合はメールでお願いします。

http://spejapan.org/blog/spe/2015/06/spe.html

・申込方法:氏名,会社,部署,電話,メールアドレス,懇親会出欠,

 請求書が必要な場合はその旨を下記宛へメールでご連絡下さい。

【SPE日本支部】

荻原 学  日本ゼオン㈱ 加工品開発研究所

〒210-0863 神奈川県川崎市川崎区夜行1-2-1

Tel:044-276-3729  Fax:044-276-3293

e-mail:M.ogiwara@zeon.co.jp

Roles and possibilities of cellulose and biomass materials in the environment and energy fields

From the perspectives of a sustainable society, consciousness on conservation of the global environment and ecological environment is rapidly increasing worldwide.  Therefore, this time in the environment and energy field, for the future era, Spotted on biodegradable plastics (cellulose and biomass materials) once again receiving great attention. We invite lecturers who are active at the forefront to discuss the roles and possibilities of various fields such as utilization technology, material development and molding technology etc.

Sponsorship: SPE Japan Section

Date: November 29, 2018 13:00 - 17:00 

Place: Osaka Research Institute of Industrial Science and Technology, Morinomiya Center

Morinomiya 1-6-50, Jyoto-ku, Osaka-shi, Osaka 536-8553

TEL: 06-6963-8137

http://www.omtri.or.jp/map/#train



13:10-13:15   Greeting

13:15-14:15   Toward realization of biodegradable plastics

Gunma University   Kenichi Kasuya

14:15-15:15 Degradation of Cellulose Acetate Using Enzymes Derived from Thermophilic Bacteria and its Utilization

ORIST Kunihiko Moriyoshi

14:15-16:05   Facility tour of ORIST, Morinomiya

16:05-17:00 On high functionality of polylactic acid which is biodegradable resin

bioworks.co.jp    Takahiko Terada

17:30-19:15 Social Party


Workshop Participation Fees

- SPE Japan Section Member: FREE

- Non-SPE Japan Section Member: \15,000

(Substitution is not accepted for individual member.)


If the link the not accessible, please email your Full name, Name of Organization, Department, Job Title, Telephone Number and Email to the following contact:

SPE Japan Section

Mr Ogiwara Manabu (SPE director), Nippon Zeon Co.,Ltd 

Tel: +81-(0)44-276-3741 Fax: +81-(0)44-276-3321, 

E-mail: M.Ogiwara@zeon.co.jp


「環境・エネルギー分野におけるセルロース・バイオマス材料の役割と可能性」


 持続的な社会の観点から,地球環境や生態環境の保全に対する意識が世界的に急速に高まってきています。そこで、今回は環境・エネルギー分野において,これからの時代に向けて,改めて大きく注目されている生分解性プラスチック(セルロースやバイオマス材料)にスポットをあて、利用技術,材料開発や成形技術など、様々な分野で担う役割や可能性について,最前線でご活躍の講師をお招きして講演していただきます。


主催:SPE日本支部

日時:11月29日(木) 13:10-17:00

場所:(地独)大阪産業技術研究所(森之宮センター)4階小講堂

http://www.omtri.or.jp/map/#train

(地下鉄中央線・鶴見緑地線森ノ宮駅, JR環状線森ノ宮駅)


13:10-13:15 主催者挨拶(SPE日本支部長)

13:15-14:15「時限」生分解プラスチックの実現に向けて

      群馬大学大学院理工学府分子科学部門,食健康科学教育研究センター

      センター長 教授 粕谷健一氏


           生分解性プラスチックは,プラスチックの環境拡散問題の解決策の一つとして注目を集めている。一方で,生分解性プラスチックの利用には,いくつかのブレイクスルーが必要である。本講演では,生分解性プラスチックの要件と問題点について紹介し,問題点を克服するための「時限」生分解性について説明する。


14:20-14:50 好熱菌由来の酵素を用いたセルロースアセテートの分解とその利用

      (地独) 大阪産業技術研究所 森之宮センター

環境技術研究部 研究主任 森芳邦彦氏


       セルロースアセテート(CA)は、古くから繊維やフィルムなど広く使われている。近年はセルロース系バイオマスとしても注目され、また省資源、省エ ネルギーの観点からリサイクル技術の開発が進められている。

  これまで、微生物によるCAの分解機構の解明、およびその分解生成物利用の可能性について調べてきた。これらの知見をもとに、好熱菌の中からCAの脱アセチル化を触媒する酵素の設計図である遺伝子を見出し、遺伝子操作技術により熱に安定な酵素(耐熱性酵素)を生産することができた。この酵素をセルロース分解酵素と共に比較的高温で作用させると、置換度が高く難分解性のCAも分解できた。この耐熱性酵素は、CA廃棄物の酵素分解の効率化や、セロビオースなどの有用な分解生成物の生産に大きく貢献することが期待される


 15:00-15:50  (地独)大阪産業技術研究所(森之宮センター)施設見学

プラスチック関連の研究、依頼試験などに使用する成形機、混練機、試験・分析機器など

       

 16:00-17:00 生分解性樹脂であるポリ乳酸の高機能化について

Bioworks株式会社

CTO 寺田貴彦氏


           弊社では、これまで生分解性樹脂かつ植物由来樹脂であるポリ乳酸の改質による高機能化に取り組んできた。その結果、射出成形、シート成形、真空成形、ブロー成形、紡糸において幾つかの成果を得た。

ポリ乳酸をはじめとする生分解性樹脂の概況と合わせて紹介する。


17:30-19:15 懇親会


【参加要領】

以下より申し込みできます。

http://spejapan.org/blog/spe/2015/06/spe.html


講演会参加費
SPE日本支部会員(無料)、非会員(15,000円) 個人会員の代理出席は認められません。
参加費お支払いは原則、当日現金でお願いしております。
現金以外の支払いをご希望の方はその旨、メールでのご連絡をお願い申し上げます。
お名前、会社名、部署、電話、メールアドレス、懇親会参加有無を下記へメールお願いします。

SPE日本支部 会員担当:荻原 学 日本ゼオン㈱ 加工品開発研究所
〒210-0863 神奈川県川崎市川崎区夜光1-2-1
TEL:044-276-3729、FAX:044-276-3293
e-mail:M.ogiwara@zeon.co.jp